エディオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

エディオン(EDION、正式名称、エイデオデオミドリ石丸電化)とは、日本第2位の家電量販店である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エディオン」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石丸電気」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミドリ電化」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エイデン」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デオデオ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

基本的に「ヲタクは貴重なお客様」という方針であり、ブランド統一の前、石丸電気では近所にある某アイドルグループを呼んでライブをしたり、デオデオでは大谷育江を起用した洗脳ソングを使ってポケモンが好きな幼稚園児や小学生、大きいお友達を取り込もうとしていたり、エディオン統一のCMでは、「エディ店長」と呼ばれるディズニーの映画「トイストーリー」の主人公のパクリを使ってデオデオと同様のことを行った。14年現在、本田望結を大々的に起用し、ロリコンを全力で釣ろうとしている。そのため陰でペディオンと呼ばれている。

13年秋ごろ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと手を組んでいるとのウワサも。

沿革[編集]

2001年、できる。
2002年、株式会社エイデンと、株式会社デオデオが合併、エイデオデオが誕生。当初は「E&D」にする予定だったらしいが、H&Mにいろいろ言われるのを恐れてかやめたらしい。
2005年、株式会社ミドリ電化を子会社化で近畿地方乗っ取りエイデオデオミドリ電化誕生。
2006年、石丸電気を子会社化で関東地方乗っ取りエイデオデオミドリ石丸電化誕生。
2008年、関東地方の住民を洗脳するために、ブランド名と同じedionという名の店舗を展開。
2009年、EDIONを石丸電気が乗っ取り。
2012年、「大江千恩帝國」(だいえぢおんていこく)建国。全国にあった各グループの店舗(役所)を「EDION」という名称にする。トップは、本田望結といわれている。初代外務大臣は、セリーヌ・(エ・)ディオン

蝦夷(えみし、東北地方)など眼中にない[編集]

どうにも、この会社の幹部は平安貴族の子孫であり、いまだに日本に大和朝廷が存在し、蝦夷(東北地方)には大和朝廷の主権が及んでいないと思っている。第江千恩帝国はそれにのっとって作られているようである。あらまあ。そのくせして、北海道には店舗がある(ただし、「100満ボルト」という名前で)。

ブランド統一前の各ブランドの特色[編集]

エイデン[編集]

中部地方にある領地。携帯電話が登場した際、それに着目して洗脳政策を打ち出し、「携帯買いたいな」というCMを垂れ流して洗脳していた。なお、このCMは、のちに歌詞を「スマートフォン買いたいな」にして全国で洗脳活動を繰り広げていた。

デオデオ[編集]

中国地方にある領地。前述のとおり、店内で大谷育江から出る特殊な超音波を使って洗脳していた。

石丸電気[編集]

関東地方にある領地。CMソングを作った奴はちょっと頭が弱く、新潟店のCMに「秋葉原」の地名を入れていた。デカさをやたら主張していたのも特徴。かつては秋葉原の名物でもあったが現在は閉鎖。

ミドリ電化[編集]

関西地方にある領地。創業当時より金にしか目がなかった。家具販売や税込表示を行い、ガンバ大阪とも密接な関係にあった。しかし現在のところ、このような物は見られず影の薄い残念なブランドとなってしまった。一時期だけ、ミドリちゃんというロリコン達が喜びそうな少女のキャラクターが存在した。キャッチフレーズは「やってますのミドリです。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)