エネループ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新鮮なユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

エネループとは三洋電機株式会社が社運をかけて開発した新規格のフラフープのことである。

エネループ誕生秘話[編集]

古きよき昭和をもう一度というコンセプトの元、社長の気まぐれで新しいドーナツの開発がスタートした。開発は苦難の道だったが、3年6ヶ月という期間を経てようやく完成したエネループ初号機は、「固くて食べられない」という社長の一声であっけなくプロジェクト解散となる。

それから5年後、社長夫人がたまたま見ていた刑事ドラマ手錠にヒントを得て、再びプロジェクトが結成される。

プロジェクト結成後15分後、本社近くにある100円ショップで購入したフラフープに「エネ」という名前をつけたことが、エネループ誕生の瞬間である。 だが、100均で買った物ということがバレてしまい、社長が暗殺されかけ、三洋が倒産寸前となった。

テレビ通販[編集]

人気コメディー番組である「ジャパネットたかた」内において、高田明が悲しげな環境音楽と共に紹介しているコントが有名である。このコント内において、透明なケース(外側から見えない中央部は上げ底)内に二本で百円のアルカリ電池を山盛りにして、「エネループ一個とこんなに沢山のアルカリ電池が等価値です!」と言う。確かに4本1円で充電出来るけど。これは、たかがフラフープであるエネループの高級感を訴えることで、かつて、タダ同然の壷や印鑑に100万円もの値が付いた詐欺と同種のギャグであろう。 そもそもフラフープ充電するって何?

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エネループ」の項目を執筆しています。
  • 電池 - よく間違われるアイテム。
この項目「エネループ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)