エフシーチニウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
エフシーチニウム(Ef-cystinium)
一般特性
名称, 記号, 番号 エフシーチニウム, Ef, 163
分類 金属
族, 周期 3, 9
密度 25,6 g/cm3
白色
原子特性
原子量 ? amu
原子半径 27 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

エフシーチニウム(Ef-cystinium)は、原子番号163番のネオ元素であり、ネットノイドに属する。元素記号はEf

発見[編集]

2016年、fc2から微量の新元素を発見。これをエフシーチニウムと名付けられた。存在量が少ないため、目に見える量を得ることは困難である。しかし、世界中にあるこの元素を科学者が取り出してきた。この結果、fc2に誤作動が生じた。その誤作動とは、投稿されていたすべてのブログが読めなくなり、ブログを書くことができなくなったというもの。多くのユーザーからクレームが相次いだ。科学者は、研究が終わると、ネットに戻し、動作はもとに戻った。しかし、原子が127個足りないことが分かった。そのことで、FC2動画の一部に動画の読み込みが遅くなったり、再生できなかった動画があったという。その後、人口で作ることができ、足りなかったところに加えると、完全に動作はもとに戻った。

のちに、これは天然でも超微量ながら存在することが2017年に分かった。しかし取り出せたのは原子100個分ほどで、目に見えない。

性質[編集]

この元素は、ブログをものすごい速さで書くことができる。実際使った科学者は、この元素を使うと、1秒足らずで考えていたブログを書くことができた。また、記号を書くこともできる。

この元素は銀色の金属で、ニコドンと結合すると文字を書くことができる。また、ニチャネリウムと結合するとアスキーアートのような形に変化する。シニウムやプロトシニウム、プロトプロトシニウムとの結合物は、黄色い液体で、猛毒。これは、プロトの数が多くなるほど強くなる。そのほかの化合物は、シニウム系元素との化合物と同じように、毒があるものが多い。一番毒なのは、シニウム系元素との化合物である。その中でも、プロトプロトシニウムとの化合物が一番毒性が強い。

しかし、プロトプロトシニウムと比べると毒性はやや劣る。純粋な金属は、ニコドンやヨウツべリウム、ニチャネリウムによく似ている。現在、ウラニチャネリウム、ボーカリウムとは性質があまり似ていない。その二つの元素とは、化合物もない。

利用した主な製品[編集]

これを利用したものは今のところfc2プログと、fc2動画だけである。しかし、現在も科学者によって研究が進んでいる。ある科学者の研究によれば、この元素はニコニコ動画、Yahooなどと一緒に使うと、動画をはやく投稿できたり、ページをすばやく開くことができるという。ネット以外では研究は行われていないが、いずれするという科学者が数人いる。

化合物[編集]

ニコドン²エフシーチニウム→上記のように文字を書くことができる。

ニチャネリウム³エフシーチニウム→ニコドン²エフシーチニウムと違い、勝手にクマ―やギコネコなどのアスキアートのような形に変化する。


他にも約20種類の化合物が発見されている。そして、現在も化学反応研究は各研究所で進められている。

関連項目[編集]

この項目「エフシーチニウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)