エンペラーペンギン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「エンペラーペンギン」は何故か「皇帝ペンギン」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

エンペラーペンギン(Emperor Penguin)とは、ペンギン目の中で唯一ホモが許された種族である。

概要[編集]

エンペラーペンギンはその名のとおり、エンペラー(男性の皇帝)であり、メスがいないことを示している。つまり、エンペラーペンギンの間では同性愛は許されている、というより、同性愛しか道がないのである。

とはいえ、少ない女王を取り合うキングペンギンよりは平和的でよいという見方もある。

しかし、オスしかいない彼らがどのような手段を用いて繁殖しているのかは明らかになっていない。唯一、南極点観測中にエンペラーペンギンの出産・子育てを目撃したイギリスのロバート・スコットは詳細の名言は避けながらも彼らのことを「世界でもっとも過酷な子育てをする鳥」と評した。

形態[編集]

一言で言うとデカイ。泣く子が見たらその恐ろしさでさらに泣くんじゃないかというくらいデカイ。何しろ体長は100cm-130cm、体重は最大で45kg程度に達する。下手すると小学生よりもデカイくらいである。彼らは繁殖期を迎えるとその巨体をぶつけ合って交尾に勤しむ。人間に例えると、ガチムチの兄貴がムッキムキの肉体をゼロ距離で接触させてもう汗やらなんやらいろんな汁が混ざって飛び散る状態に近い。まさにこの世の地獄と呼ぶにふさわしい光景である。泣く子が見たらショックで死ぬかもしれない。

鳴き声[編集]

エンペラーペンギンは極寒の地にいるため、録音機材が使えないので擬音による表現であることを許して欲しい。

アッー!

アッアッアッァ……

アッー!

主に繁殖期によく聞かれる鳴き声である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エンペラーペンギン」の項目を執筆しています。


この項目「エンペラーペンギン」について57. 2%がスタブにしなくても良いと回答しているが、この記事を読まなかったサイレント・マジョリティを考慮に入れて追加したほうが良いと結論付けられる。 (Portal:スタブ)