オアシス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

オアシスとは砂漠という灼熱の絶望にひと時の癒しをあたえる生態系が作り出したといわれるユートピアである。ゲームキャラバンや旅人が死に際に自分の妄想が具現化した幻想に惑わされて、悲しむと言うのはよくあること。

砂漠の簡易説明[編集]

まずオアシスがユートピアと呼ばれているかを知ってもらうために砂漠のことを説明しよう。砂漠は地球温暖化の象徴といわれる広大な森林伐採の傷跡である。そして昼は熱く夜は寒いと言った砂漠の悪夢と言うにふさわしい場所なのである。

だがこんなの序の口である。本当に怖いのはこれではなく、その砂漠の特殊な生態系である。これは砂漠に実際にいかないと分からないが砂漠に実際にいった、探検家愉快な仲間たちはこの質問にこう答えた。 「うるさい、気が散る。一瞬の油断が命とり。」 この探検家隊長はここが砂漠でもあろうかというような反応を示した。おそらく砂漠の恐ろしさで、気が狂ってしまったのであろう。他の気が正常な探検隊に利いてみると、「砂漠という場所では植物が非常に少ないため、草食動物凶暴化し縄張りに乗り込んだ侵入者をうさ晴らしにばらばらに引き裂いて食べてしまう。いわゆる食物連鎖下克上が頻発しているいう。なかには、人間を食べるという食人植物サボテンのえぐい捕食シーンも発見したと言う。肉食動物も恐ろしい。火山や雪山にいるそれより凶暴、かつ残忍でありありとあらゆるものを捕食してしまうという。も、人間やキャラバンが砂漠を横断していると腹を減らした、スコルピやドラピオン、ガレオスやドスガレオスが襲ってくる」と言う。筆者もぜひこの砂漠に言ってみたいのだが、砂漠は18歳未満は入ってはいけないと国際規約で決められているため、いくことができないのが残念である。

オアシスとは[編集]

オアシスはそのような凶暴な動植物からわれわれのキャラバンや他の生物を守るため、神が作り出したユートピアである。悠久の時をかけて草木が生い茂り、地底湖から水が無限に湧き出るなど生物にとって最高ともいえる環境が集められている。だが食べ物だけは自分で採集して、料理しなければならない。気持ち悪い虫や魚であっても。このような気持ち悪いものでも食べることができない人間は、ここで生きる資格はないということでひっそりと消えていくという・・・。

欠点[編集]

このようにすごいオアシスであるが欠点もある。ここは無人島ではなく砂漠の真ん中にある場所なので、よほどのことがないとここには遭難した人間がたどり着くことができないため、孤独で生活しなくてはならないと言う欠点がある。ここで生活していくうちに社会から外れた人間はじきに退化してであろう。

追記[編集]

さっき最新情報を習得したのでここに書き込むことにする。本来オアシスには凶暴な動植物は近寄れないということだったが、最近ではドスガレオスやドラピオン、食人植物ノクタスの出現。そして無限に水が沸きでる地底湖にはガノトトスが主となるなど、凶暴な動植物の巣窟となってしまい、人間が近寄れなくなってしまったと言う。ユートピアの崩壊の日は近い。


関連項目[編集]