オタク・コンベンション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オタク・コンベンション (Otaku Convention) とは、G7の各国首脳、およびその年のEU委員長、国連議長、秋葉原市長、ソフマップ店長、コミックマーケット代表によって行われる国際会議である。司会進行をオタコン(通称ハル・エメリッヒ)、書記をソリッド・スネークが担当する。

概説[編集]

1990年代の秋葉原ブーム、およびそれに続くオタク好況に起源を持つ。単にその場の勢いでFOX HOUND内にワーキンググループが結成された。

1998年、ハル・エメリッヒがアラスカに先進6カ国の国家首脳とソフマップ店長を招待し、初めての首脳会議が開催された。エメリッヒはこの後も定期的に首脳会議を持つことを提案、首脳たちに快諾された。翌年、第2回会議では、ソフマップ店長の提案によりコミックマーケット代表者が加わった。2004年の第3回では、興味を持ったEU委員長、国連議長が参加。国連議長は1999年以降、「釘宮理恵」を含むすべてのセッションに参加するようになった。

2005年シャドー・モセス事件の勃発により休止となるが、翌2006年には秋葉原市長を加えて再開された。

2007年以降、オタコンとスネークは国際指名手配されているが、「ダンボールが無いとダンボーが作れない」というソフマップ店長の強い要請により、超法規の参加が認められている。

会議は国際法の特例に認められており、会議の話の種にすることを条件として、違法な非公式グッズ、エミュレータの所持、アニメ丸ごと1話アップロードが認められている。参加者の所持フィギュアに他人が指紋を付けた場合には厳しく罰せられる。

内容[編集]

近年はツンデレ釘宮病が議題にされることが多い。参加者の7割は釘宮病患者であり、残り3割もツンデレに肯定的であるため、「釘宮理恵」のセッションは毎年深夜まで行われる。

国際紛争の公平な仲裁者を求め、地球外への呼びかけも行っている。

プロジェクト[編集]

かつては1999年7月を回避するためのタイムワープ技術の検討が行われていた(実現せず)。

現在では国際平和のために、ドラゴンボール探索およびドラゴンレーダー開発プロジェクトを主導している。

2032年5月14日に起こる大熱波対策プロジェクトが発足予定。

批判[編集]

会議では国際的話題を扱うため、非公式な「世界政府」という批判がある。しばしば輸入アニメを字幕と吹き替えどちらに統一しようという意見が出てもめることがある。

石油枯渇の可能性を深刻にとらえており、2007年に代替エネルギーとして魔晄エネルギーの活用を提言しているが、声明では魔晄中毒に一切触れておらず、「中二病の空想に過ぎない」という批判が多い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オタコン」の項目を執筆しています。