オニダルマオコゼ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オニダルマオコゼ」の項目を執筆しています。

オニダルマオコゼとは、猛毒を持つ魚類である。鬼達磨虎魚。けっして鬼樽真虎魚や鬼だ!流馬虎魚と言う意味ではない。背鰭に猛毒を持つ危険な魚類である。大事なことなので2回言いました

概要[編集]

沖縄近海で水揚げされたオニダルマオコゼ
オニダルマオコゼはインド洋や大西洋西部の熱帯域に生息しており、サンゴ礁などの浅い海に暮らす。沖縄や小笠原諸島などでも確認されているが、沖縄のものは大きなサーターアンダーギーの見間違いであるという説がある。
体長は最大40cmほどで、灰褐色から赤褐色、黒褐色の体表は岩に擬態するために不規則な凹凸に覆われている。岩や珊瑚のスキマに身を潜めて小魚や甲殻類を待ちうけ、これを捕食する。浮き袋を持たない底生魚であり、シュモクザメ同じ分類に充てられる事もある。
背鰭のトゲは毒腺とつながっており、強力な神経毒を分泌する。これはオコゼ類の中でも特に強力で、全世界において年間でおよそ100万人のイタリア人がこれを踏みつけ、尊い命を失っている。有効な対処法としては火炎瓶を投げつけるなど。
このように非常に危険な魚であり、捕獲が困難である点から食用には向かないが、沖縄では食用にされている。「ねっとりとした肝が甘くて最高!」との事。やはりサーターアンダーギーの見間違いである。

関連項目[編集]

この項目「オニダルマオコゼ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)