オペラ (菓子)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

オペラ : Opéra)とは、チョコレートの料理菓子(アントルメ)である。

概要[編集]

高貴なるオペラ

オペラの起源は18世紀、ルイ15世(Louis XV de France、1710年生-1774年没)のお抱えパティシエであるテ・ラッズィ(Te rrazi、1689年-1737年没)によって考案されたと言われている。生クリーム(人の母乳で育てた乳牛から搾ったミルクで作られた)とスポンジケーキ(ブルゴーニュ地方の小麦とコルシカ島のライ麦を企業秘密の割合で配合した特製中力粉によって練り上げられた生地を焼き上げた)を幾層にも重ねた上から、最高級ブランドのチョコレートであるオペラタン(Øpera-tan)でコーティングしたものをキャンパスとして、着色したクリームによって愛するマリー・レクザンスカの肖像が描き上げられたものだけが、正統なオペラとして認められた。

幾層にも重ねられた歴史[編集]

このアントルメを開発した功績により、テ・ラッズィはシェフ号を与えられ、彼の死後3代にわたって重用される……筈(約束)だったのであるが、テ・ラッズィがオペラタンの製作を壁画職人のテン・ピュー(Tem Pyooh)に依頼していた疑惑が発覚する。さらに、デンマーク=ノルウェーヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー公(Jon Stephenson von Tetzchner、1697年8月29日 - )がマリー・レクザンスカに対し She is a beautiful girl. と公言したことでフランス革命が勃発、混乱のドサクサで一族は離散、あえなく断絶してしまった。これによって、正統なオペラのレシピは永遠に失われる事となってしまったのであった。まるで、ブルボン王朝の栄華のように。

オペラとは「甘美なる存在」を意味し、それによってルイ15世がいかに妻マリーを愛していたか、その味わいの深さに彼の想いを察することができる

ちなみに破れたテッツナー公は母国アイスランド母親ココアを飲んだ後、アメリカ大陸へ向かって泳いでいった。

外部リンク[編集]

このマリー・レクザンスカの肖像はチョコレートで描きあげられた。
  • テ・ラッズィによる技術の粋[1]
  • その2[2]
  • テッツナー公の軌跡[3]

関連項目[編集]


この項目「オペラ (菓子)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)