オルタナティブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オルタナティブ」の項目を執筆しています。

オルタナティブは1990年代に流行したリアル指向のロボットが活躍するメディア作品、及びそれらの総称。商標登録がされていないため、製作元は不明である。このためオルタナティブの世界観を勝手に取り入れた様々な作品が存在し、オルタナティブの原点となった作品がなんであったのか判明していない。1997年スクウェアFRONT MISSIONとオルタナティブのメディアミックスゲーム、FRONT MISSION ALTERNATIVE(FA)を発売したことにより広く認知されるようになった。

オルタナティブの語源[編集]

オルタナティブ(alternative)は英語で「代わりの」「代替の」を意味する形容詞であり、「人間に代わって戦うもの」の意を表したものとされているが、製作元が不明であるためわかっていない。オルタナティヴ、オルターナティブ、オルタネイティヴ、アルタネェイティヴ、アルテルナーチブなどいくらでも読み方を作れることも多くのメディアに盗り入れられるようになった一因であるとされているが、派生作品の製作者が沈黙を貫いているためわかっていない。

オルタナティブの特徴[編集]

オルタナティブの世界観。
  • そう遠くない近未来
  • 比較的低劣な紛争規模の争いの中、発展段階の人型のロボットが従来の兵器を圧倒し始めてゆく
  • ロボットに搭載される兵器は実弾であることが多い
  • そのロボットに関わる登場人物は若すぎず老けすぎず、20代半ばの男性が多い

このようにオルタナティブでは硬派でハードボイルドな世界観が定着しているが、製作側の意図で都合の良い点だけが強調されることもある。

オルタナティブを盗用した作品[編集]

FRONT MISSION ALTERNATIVE
オルタナティブの世界観を踏襲したリアルタイムシミュレーションRPG同性愛性転換に対する理解を求めるなど様々な意味で「早すぎた名作」となった。
ゾイド オルタナティブ
オルタナティブの世界観だけを踏襲したゾイドのシミュレーションゲーム。二足歩行のロボットを四足の動物型に置き換えるという発想が斬新で、クソゲーオブザイヤー2007を獲得した。
マブラヴ オルタネイティヴ
オルタナティブの人型の兵器を踏襲した恋愛ゲームマブラヴの続編。性描写があることから年齢制限がされていたが、全年齢版が発売されるなど、オルタナティブ作品の中で異例な売り上げとなった。
アクエリアンエイジ オルタナティブ
カードゲームのアクエリアンエイジをゲーム化。登場人物のキャラクターが強調されオルタナティブの面影はなくネーミングだけ盗用されたものと思われるが真相はわかっていない。
フタコイ オルタナティブ
双恋のアニメ化。オルタナティブの硬派さを踏襲した古典的な萌えないラブコメ
山田オルタナティブ
日本マイクロソフトがニートや自宅警備員が円滑に社会復帰できるように開発した究極のコミュニケーションツール。