オルタニング現象

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「オルタニング現象」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

オルタニング現象とは、比較的大きな粒状の氷を主成分とする大気中に停滞することによって、移動速度が速い他の雲をあたかもかき分けているかのように見える現象。シベリア東部、中国東北部など寒冷地で多く観測され、日本ではほとんど報告がない。1909年東エセックス科学大学クライブ.D.オルタニング(1856-1924)が初めて観測したことによりこの名がある。一時は、ガセとされたが、実は、本当のことであることがわかった。

なお、ここでは雲が落ちる現象、ポレーレ現象についても扱う。

概要[編集]

観測例としては、わずかであり、非常に珍しい気象現象である。 雲は、雲粒水滴もしくは、氷の粒子である氷晶からなる。空気過飽和、つまり、湿度100%を超えることにより、その範囲がすべて水になることで、水滴ができる。気温が低いときは、水滴が凝固し、氷晶となる。湿度が100%を超える領域が広いと、水滴や氷晶が大きくなるが、ある程度の大きさ(アレーノ限界)を超えると、あられとして、地上に降下する。

オルタニング現象を引き起こす雲は、アレーノ限界を超える大きさの氷晶となる。通常降下する氷晶がどうしてしないのか、原因はまったくもって不明である。

雲を構成する氷晶の質量が大きいことから、気流の影響を非常に受けづらく、その場に停滞するか、あるいは、移動速度が極めて遅くなる。そのため、あたかも周りの雲をかき分けるように見える。見かけ上、雲が落下するように見えることがある。

その動きから、UFOと間違えられることがある。

日本での観測例[編集]

オルタニング現象:日本での観測例

通常は、寒冷な大陸内部で発生するが、2011年、日本で観測された。この観測例は、知られている限りの南限である。

民間伝承[編集]

ズーリー族では、ヒンタポ語イタズラを意味するカレチヌッゲと呼ばれている。ズーリー族では、オルタニング現象が見られると、その年は、豊作になると信じられてる。雲が落ちる場所で雲を拾えると、幸せになる、という言い伝えがある。

ポレーレ現象[編集]

近年見られるようになった、雲が落ちてくる現象である。南アラブのポレーレ村で観測されたことからこの名がある。オルタニング現象とは異なり、低緯度地域で見られる。近年見られるようになったため、原因や、雲の構成物質については、未だ不明である。

ポレーレ現象

筋斗雲やキン斗雲は、ポレーレ現象によるものではないか、と推測されている。

関連項目[編集]

この項目「オルタニング現象」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)