オートマトン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オートマトン」の項目を執筆しています。

オートマトンとは、次のような動作を自ら全自動で行う羊肉である。

  • 特定のトリガ(入力)で自動調理プロセスが開始される
  • 内部までよく火が通る
  • おいしく食べられる

概要[編集]

オートマトンは、難しいとされる羊肉(マトン)の調理を全自動で行うことができるよう遺伝子操作されたの肉である。 たとえば、一定以上の濃度である塩などの物質の水溶液中に浸すなど、特定のトリガ(入力)によって自動調理のプロセスが開始される。オートマトンの種類によって動作原理は異なるが、一般的には、特定の条件下において熱を発生するよう遺伝子操作された細胞が用いられる。その細胞が放出する熱によって調理が行われるため、味付けに用いる調味料を除いて、他の調理器具は特に必要ではない。

後述のとおりオートマトンの種類は多種多様に及ぶが、すべての細胞が遺伝子操作されているセルオートマトンにおいては、肉全体が均一に加熱されるため、従来の調理法では味わうことの出来なかった味わいを実現することができる。また、調理が簡単であることなどから、ファミリーレストランなどの外食産業での導入も始まっている。

一部では遺伝子操作による食の安全に対する懸念が根強く残っているものの、すでに大半がオートマトンを受け入れているため、大きな問題になることはあまりない。

自然発火現象[編集]

生きている羊が自然発火するケースが多発していた。これは特定の地域周辺に生息していた遺伝子異常の羊であるため、厳密にはオートマトンではないものの、オートマトンを開発する段階で大いに参考にされた。この自然発火を避けるために調理プロセスの開始トリガを設けられた経緯もある。また、羊は毛が多く火の回りが速いため、初期のオートマトンではたびたび羊の自然発火が起こっていた。

また人間の自然発火についても、オートマトンに使われる遺伝子と関連がある可能性について世界各国で研究が進められている。

オートマトンの種類[編集]

  • 有限オートマトン - 焼き加減に上限のあるオートマトン。主にレア、ミディアム、ウェルダンの三種類がある。
  • セルオートマトン - 全体の焼き加減が細胞レベルで均一になるオートマトン。焼き加減の調節は手動で行う必要がある。
  • プッシュダウンオートマトン - 指で肉の表面を押し込むだけで、自動調理開始または終了できるオートマトン。
  • 軍用オートマトン - 軍隊で使用されるオートマトン、レーションとも呼ばれている。