菓子パン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「カシパン」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「菓子パン」の項目を執筆しています。

菓子パン(かしぱん)とは、海で取れる平べったい生物。パン科の一種である。

概要[編集]

菓子パンは、パンの中でも砂糖を生成するという特殊な生態を持ったパンの一種のことである。その甘さから、おやつとして、または嗜好品として食べられる。糖分が豊富でエネルギーが高いため朝食のメニューとしてもよく食べられる。一般的なパンを売る会社は様々な菓子パンを開発・販売しており、もちろん食パンやカレーパンなど甘くないパンの販売も行うが、種類と豊富さでいえば菓子パンの方が上である。昔からあるものとしてはあんパンが有名だろう。とくに、アンパンマンなどは人工知能を組み込ませた「歩行型パン」であり、子供たちから最も人気がある。

ヨーロッパではチョコレートクリームといったものをパンに詰め込んだものがある。チョコを詰めたパンは「コロネ」、クリームを詰めたパンはそのまま「クリームパン」などと呼ばれる。またアメリカではピーナッツバターも菓子パンの材料として使われることがある。

古代エジプトの壁画にも、円盤状のものを食べている人が描かれているものがあることから、菓子パンは相当古い時代から食べられていたことが伺える。菓子パン自体は全世界の古生代の地層から化石として発見されており、現在でも姿を変えていないことから「生きた化石」の代表格でもある。

生態[編集]

当然のことながらパンは海の生物である。菓子パンの主食は海藻やプランクトン、その他の海の生物の遺骸である。生物の遺骸を食べることから、「海の掃除人」と呼ばれる。

普段は地中の砂の中に眠っている。天敵はカニなどの甲殻類の生物で、カニなども菓子パンが栄養豊富なことを遺伝子レベルで知っているのであろう。平べったい菓子パンや細長い菓子パン、中が空洞になっており、そこに中心にチョコを生成する菓子パンなど、様々な形質を持った菓子パンが知られている。現在でも、年に50程度新種が見つかる。

そのようにして見つかった新種は、パン会社が研究し、1年程度で世間に出回る。50のうち40は会社による発見で、残りの10は一般的な生物研究者による発見であり、会社がいかにこの新種の菓子パンの発見に役立っているか分かるだろう。

なお、今までは「なぜ海の中にいながらクリームやチョコレートの生成ができるのだろう」という疑問が解決されずにいたが、とある研究者が、菓子パンは体内で核融合反応を起こして必要な元素、分子を構成しているのだという論文を発表した。ちなみにその研究者は山崎製パン、通称ヤマザキに特別待遇で雇われたという。

生態がウニと似ていることからウニの仲間ではないかという説を唱える研究者もいるが、味の違いや見た目の違いによってあまりその説は支持されていないが棘皮動物である事には変わりないとされてる。

製法[編集]

菓子パンは海の様々なところに住んでおり、どの季節でも個体数は変わらないので、海に取りに行けば簡単に手に入る。

菓子パンは内臓さえなければとても美味しいので、いかに内蔵を取り除くかが鍵だった。一つの一般的な大きさの菓子パンの内蔵を完全に除去するには、熟練の人でもおよそ10分はかかっていた。またこの技術を機械に代わりにやらせるという研究も活発に行われていた。現在では技術の発達によって一つあたりおよそ30秒で除去できるようになった。逆に、菓子パンの内蔵除去は技術の発達の原動力の一つでもあった。

種類[編集]

  • あんパン
  • メロンパン
  • チョコレートパン
  • コロネ
  • チョコチップパン
  • チョコチップメロンパン
  • チョコチップチョコクリームメロンパン
  • クリームパン
  • 揚げパン
  • レーズンパン
  • レモンパン
  • 蒸しパン
  • スイスロール

亜種[編集]

亜種として、ドーナツケーキシナモンロールといった生物がいる。

関連項目[編集]