カステラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
現代のカステラ。主に掃除のために用いられる。画像は粗めのタイプである。

カステラ(: Castella)とは、掃除に使われるスポンジの一種である。

概要[編集]

一般的なスポンジは海綿動物から作成されるが、カステラはから作成することができる。そのため、賞味期限が切れた卵をもう一度使うことができるというメリットがある。しかし、カステラは一度掃除に使用するとカビていき、腐ってしまう。あるいは大量の蟻などによって食べられてしまうため、基本的には使い捨てである。

また、通常のスポンジと違い、このスポンジには良い香りが付いている。そして、このスポンジで掃除をすると、カステラの良い匂いが付くというメリットが見受けられる。これはカステラに砂糖が含まれているためである。そのため、どんなにカビ臭い風呂場でも、ましてや便座だとしても一時的には良い匂いになる。しかし、落とさずに放置したままにするとお察しください

歴史[編集]

日本に伝わった当時のカステラ (再現)。

大昔、長崎県に来た宣教師が食用として常に持ち歩いていたのがこの「カステラ」である。この宣教師は日本に来る際に泊まった宿屋にカステラの作り方を教えたとされる。

しかし、カステラのその黄色く、穴の開いた外見から、スポンジのように見えた。また、食用であることが伝わってなかったため、このような用途で使われ始めたとされる。

種類[編集]

カステラには様々な種類の物がある。

東京カステラ[編集]

江戸時代、カステラを東京でも作るようになった頃の話である。パン屋がカステラを作ろうとした際に誤ってカステラをパンと一緒に焼いてしまった。しかし、焼きあがると汚れが取りやすくなったたのである。そのパン屋の店長の妻はこれを釜で作ったらどうなるかと試した。するとその結果、カステラの生産時間が半分になったのである。これが東京カステラである。

カステラ饅頭[編集]

黒いあんこを白くして白あんとして売り出せないかと考えた和菓子屋さんがいた。そこで、あんこをカステラで包んでみた。すると、読み通り白あんになった。また、白あんのおかげで、カステラは長持ちするようになった。

ロールカステラ[編集]

とある人がバウムクーヘンを作る際に、カステラを生地に使ったところ、ロールケーキのようになったので平らな場所での汚れが取れるようになった。また、少し剥がすことで激落ちくんスティックタイプと似た用途に使うことができる。

用法[編集]

清掃[編集]

黄色い部分は通常のスポンジの役割を果たす。また、茶色い部分はキメが細かいため、細かい汚れを取ることが可能となっている。これは、主に仕上げに用いられる。ザラメの部分は硬いため、取りづらい汚れや頑固な汚れなどに用いられる。

始めは黄色い部分を汚れに対して優しくなでるように使用する。ここで大抵の汚れが取れる。ただし、カビなどは取れないため力強く擦る。カステラはぼろぼろと削れるが、ザラメの部分を使えばきれいに落とすことが可能である。

ただし、をつけるとしぼんでしまい使えなくなってしまうため、洗剤などと同時に使用することはできない。そのため、その点については注意が必要である。

食べる[編集]

勿論、カステラは食べることも可能である。また、掃除をした後のカステラも食べることが可能であるが、もちろん自己責任である。

関連項目 [編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カステラ」の項目を執筆しています。