カッパピア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カッパピア」の項目を執筆しています。

カッパピアとは、高崎市内に存在していた娯楽施設

概要[編集]

伝承によると、大和朝廷に追われた人々が現在の高崎地域へと逃れた際、娯楽施設として設置した「高崎妖精国」がカッパピアの前身であり、その創立は四世紀後半の事だったとある。

また、その当時は河童を実際に飼育していたという旨が記された文献も発見されており、現在でも研究が進められている。

園内の流れるプール1570年洞窟観音を建設した際の湧き水を利用して造られたものであり、当初はこのプールの名称が「カッパピア」であったが、目ぼしいアトラクションがプールくらいしか無かった為プールの人気が高まるにつれ、「高崎妖精国」の名称は次第に一般には使われなくなり、最終的にはこの施設全体が「カッパピア」と呼ばれるようになった。

また、この流れるプールは現存する中では世界最古のものであり、1982年には世界文化遺産への登録を申請する動きも見られたが、結局申請には至らないままであった。

しかし1990年代に入ると、運営会社の経営は次第に悪化。入場者数も年々減少の一途を辿っていった。

そして2003年11月、惜しまれつつも閉園。1,500年以上の歴史に幕を閉じた。

歴史[編集]

  • 4世紀後半 - 「高崎妖精国」創立。
  • 1570年 - プールが新たに設けられ、プールの名称を「カッパピア」とした。
  • 1580年 - ゴーカート乗車の順番をめぐり、北条氏と上杉氏が戦いを繰り広げる。
  • 1674年 - イメージキャラクター、「かっぱちゃん」誕生。考案者は高崎藩二代藩主観音山ノボル
  • 1770年 - 新しくネズミをモチーフとしたキャラクターが考案されたが、某会社からの検閲により削除
  • 1802年 - 湧き水の過剰揚水が原因で地盤沈下が観測される。
  • 1883年 - 前橋市勢力による侵攻。アトラクションの六割が全壊し、一時閉園を余儀なくされる。
  • 1886年 - 改装工事の後、再オープン。
  • 1998年 - 年間入場者数が過去最低の8万5000人を記録。
  • 2003年 - 閉園。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Nodasori.jpg この項目「カッパピア」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)