カップヌードル ライト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カップヌードルライト(かっぷぬーどるらいと)とは、カップヌードルを自慰に使用する顧客を中心にターゲットを据えて発売されたオナホールである。建前上はダイエット中の顧客を対象にしたカロリー控えめなインスタントラーメンとして販売されている。

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「カップヌードル ライト」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

概要[編集]

外見。ファン待望の新製品とあるとおり、紛れもない自慰専用のカップヌードルである。

高度経済成長期に日清食品の職員の苦闘の末に開発された即席カップ麺は一部では少数の愛好者が行う特殊な使用法によって食欲か性欲を満たしてくれる画期的な食品とも称された。満更でもなかった日清食品の社員は、悪ノリをする形でカップヌードルライトを開発するに至った。勿論、おかしな風評を生み出したのは言うまでもなかったが、いい宣伝になったという。

ラインナップ[編集]

初期型[編集]

戸田恵梨香
記念すべき第一号。人気女優を起用する大胆さもさることながら、その彼女を脱がしてしまう所が日清食品の社員の官能的センスの高さが窺える。日清食品の研究員が戸田恵梨香の秘所を実際に調べて[要出典]再現したという麺の質感もさることながら、CMがやはり一番話題を呼んだ。
内田恭子
言わずと知れた癒し系アナウンサー。先に出ていた戸田恵梨香型とのコラボCMも後に放映されたが、こちらはどちらかと言えば熟女好みの顧客向けであったといえよう。

改良型[編集]

装いを一新。CMも大事な所をカップで隠すという手法から、モデルの体に直接ボディペイントといった大胆な構成に変更され、より購買意欲をそそる出来になっている。ただし、大事な所は相変わらず映らない。

高垣麗子
言わずと知れたAne Canモデルの高垣麗子氏が満を持してカップヌードルライトのCMに挑戦。全裸にペインティングを施すといったそそられる設定に何万人のファンが「撮影現場に呼んでくれよ!!」と思ったであろうか。出来上がったCMも本人が「私じゃないみたい!!カッコ良すぎ!!」と自画自賛する程のエロさで、一層購買意欲を増すものとなった。しかし、当の本人はアイススケーターの清水宏康氏と結婚しているので、本人とあんなことをしようというのはもはや叶わない夢のまた夢である。

問題[編集]

カップヌードルパンツ.jpg

通常の使用法(食用としての使用)で使う分には栄養面に様々な考慮をすれば問題は無いのだが、本来ならイレギュラーな使用法である自慰での使用(ある意味では食用)の際、下水の処理の方法で日清食品は各地の水道局と揉めている。通常では汁だけを処理すればいいものを、自慰の後には余程の人間でない限りは自分の精子入りのカップヌードルを平らげるといったツワモノはそうはいない。ということで、まるまる捨てることになる。すると、悪臭や下水道の詰まりで頻繁にクレームが出ることになる。

よい子のみなさんはマネしないでね。

関連項目[編集]

海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこのカップヌードル ライトは!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)