カナード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カナード」の項目を執筆しています。

前翼(カナード、英:Canerd、もしくは先尾翼)とは、先進的な環境保護と最新技術を信奉する、おたくの一ジャンルである。右翼左翼と異なり、政治的には中立的であるが、時折、熱心な政治活動に乗り出す場合がある。

語源[編集]

英語のcanerdは、CA(カリフォルニア州)とnerd(おたく)の複合語である。先進的で環境保護にも熱心なイメージのあるカリフォルニア州には、サンフランシスコにおたくが、またロサンゼルスなどにサーファー、ヒッピーなどが住んでいることもあり、文化的・政治的・技術的に先進的なイメージが非常に強いことを意味する。

転じて、飛行機を不安定なヤンデレ系に変える(しかし、見た目は先進的でかっこよくなるため、戦闘機のドレスアップに使用されることが多い)エアロパーツや、出っ歯竹槍チバラギ仕様車における車体前部のエアロパーツを指すこともある。

政治活動[編集]

フランスで暴動政治集会を行う前翼活動家

1930年代には、ミヒャエル・エンデらを中心に、ドイツで活動が活発に行われた。当時は前翼ではなく先尾翼(エンデ翼)と呼ばれ安定した支持を確保しており、マニュアル操作で機体の安定をはかる存在であった。その後ナチ党の台頭に伴い弾圧対象となり、保守的な尾翼が主流となる。

もっとも、当時のドイツには変態斬新な先尾翼・無尾翼・左右非対称翼機などが堂々と鉤十字マークをつけて我が者顔で飛び交う、技術者の天国という面もあり、ある程度は即売会・集会・結社の自由が認められていた。

近年は、コンピュータ制御で運動することが一般的である。

右翼と結びついて、プロ市民を排撃するネット右翼が多いとされるが、近年は二次元ロリ画像の弾圧を契機に社民党への支持が集まるなど、左翼と連携して活動を行うこともある。

車両の特徴[編集]

代表的な前翼の街宣車

右翼は、かつては黒い大型バス、近年は白い大型バスに乗る者が多く、また左翼は、労働者の象徴的な白いドカワゴンや白い選挙カー風のバスに乗る者が多いとされる。前翼の乗る自動車は、スポーツクーペなど高性能車が多いとされるが大衆車に乗る者もしばしば見られる。ムーンライトながら号などに乗る姿も、年末やお盆にしばしば目撃される。

車体の外観は、右翼の場合は菊の紋章や、白や黒の筆文字で書かれた「韓日友好」「自主憲法制定」などの政治的スローガン、左翼の場合も、赤い字で書かれた「ソビエトロシアでは赤リンクが執筆する!」などの政治的スローガンが書かれていることが多いのに対して、前翼の場合は、色とりどりのイラストに埋め尽くされている場合が多いとされる。

言語的特徴[編集]

左翼が「反動的暴挙を許さないぞー↑」と語尾をあげ、右翼が「非国民は日本から出ぇー↓てぇー↓行けぇー↓」と語尾を下げるのに対し、前翼は普通、キーの高い声で、会話相手の3倍の速度で一方的にしゃべり続けるのが特徴である。

関連項目[編集]