カリフォルニアロール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

カリフォルニアロール(California Roll)とは、巻き寿司の一種と思われている何か。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カリフォルニアロール」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「カリフォルニアロール」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

概要[編集]

知ってる海苔巻きと違う。

一般的に巻き寿司は外側に海苔が巻かれ素手で食す事ができるが、カリフォルニアロールは何故か海苔の外側に酢飯を巻いてしまうため他の巻き寿司よりも手に米が付着し易いという特徴がある。海苔の内側には主にアボカドキュウリカニが入り、場合によってはマヨネーズを追加したりカニをカニカマで代用したりする。

日本人目線ではなかなかグロテクスな代物(巻き寿司に見えない)だが、外人にはむしろ日本人が食べている海苔巻きの方がグロテクスに映るようである。理由に関しては後述する。

由来[編集]

名前こそ『カリフォルニア』ロールではあるが、発祥地がカリフォルニア州のロサンゼルスであるとされているだけでそれ以上の関連性は特に無い。カリフォルニアロールを構成しているアボカドもキュウリもカニも代用のカニカマも追加するマヨネーズも別に特産物じゃない。ちなみに外側に海苔が巻かれていない理由に至ってはアメリカ人が「外に巻いてある黒い奴がキモイ」と店にクレームをつけたのが始まりである、じゃあ巻き寿司にする理由が無いだろ!そもそも内側なら食えるという事は問題無く海苔が食べられるという事である、青いパウンドケーキは食えるくせに海苔を気味悪がる米国人の感性とは度し難いものである。

余談ではあるが、カリフォルニア州で主に栽培されているのは芽キャベツやレタス、ブロッコリーなどの葉物である。勝手にパンに挟んでサンドイッチでも作ってろ。

評価[編集]

日本人が米国人向けに考えて作られてカリフォルニアロールであるが、なんだか好評のようである。ウィキペディアによると「カリフォルニアロールから寿司に入る米国人が多い」とのことだが、そもそも生魚が入ってないのだから外国人が基本的に苦手としている鮮魚の克服には一切役立っていない。むしろこれは海苔巻きであって握り寿司じゃない。無理をして寿司を食べずにベジロールでも食べていれば良いものを、一体どういった理由でカリフォルニアロールを入門として寿司を食べようとするのかは永遠の謎である。

関連項目[編集]


この項目「カリフォルニアロール」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)