カレーパン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カレーパン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「カレーパン」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「カレーパン」の記事を執筆しています。

カレーパンとは、脂っこくて塩辛い人気のお菓子である。

概要[編集]

パン生地の中に熱々のマグマのように煮えたぎったカレーを詰め込んで揚げたパンであり、サクサクとした食感を楽しむことができる。ただでさえ熱いカレーを高温ので揚げているため、パンの中にチーズとピザソースを詰め込んだピザロールの次に口の中を火傷させるには最高の一品である。

歴史[編集]

まず、イギリス人が炭鉱産業の導入のために日本に来た際にカレーを日本に持ち込んだ。日本人にとっては本場インドのカレーがあまりの辛さと胃腸の弱さから食べることができず、最初は得体のしれない汚物として軽蔑の目で見ていた。しかし、匂いについては申し分なかったため、蜂蜜野菜ジャガイモなどを使って日本独自のカレーを作り、カレーのルーをチョコレートバーのような形の石にして、何とか食べれるように調整して調理を行った。この日本人が考案した日本式カレーは日本人にも受け入れられることになった。日本式カレーは各家庭に広まって、鶏肉や豚肉、地域によってはうなぎやハチノコなど、何でもかんでも放り込んで、ご飯と一緒に食べることが多かった。

同じ時期、何のために来たのか分からないポルトガル人によって日本にパンが広まることになった。ある日、大阪のポルトガル人パン職人が自分のパンに独自性を生み出したそうとパンに詰める食べ物がなくて困っていたところ、店にやってきた日本人が日本風のチキンカレーの鍋を手渡した。そのパン屋は、取り合えずすべてのパンにカレーを詰めてみたところ、大阪で大流行することになった。カレーパンは瞬く間に大阪で人気を博し、一時は大阪市民がカレーパンを物々交換の対象として扱うほどになっていった。しかし、ポルトガルのパン屋にプランクトンがいて、彼がカレーパンのレシピを盗んだことで日本中に広まることになった。

関連項目[編集]

この記事は、en:Curry Bunsから翻訳されたものです。