カロリーゼロ理論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


「カロリーゼロ理論は素晴らしい!」
カロリーゼロ理論 について、全国のデブ達
「カロリーゼロ理論は最高ですね!」
カロリーゼロ理論 について、石塚英彦
「いやいや、おかしいでしょ!」
カロリーゼロ理論 について、アンジャッシュ・渡部建
「ちょっと何言ってるか分かんないです」
カロリーゼロ理論 について、普通の人


カロリーゼロ理論とは、サンドウィッチマンの伊達みきおとブラックマヨネーズの小杉竜一が唱える、デブ達にとっては素晴らしい理論である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「カロリーゼロ理論」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「カロリーゼロ理論」の項目を執筆してくれています。

概要[編集]

我々人間は、に食事をするのが当たり前である。も食べるし、も食べる。野菜も食べる。ジャンルも洋食和食中華といろいろある。しかし、そんな食事の中で一番の強敵が「カロリー」である。カロリーはどんな料理や食材にも存在するし、何よりも人間にとってはデブにさせる一番の凶悪である。このカロリーを摂取しすぎると、体がデブになる。デブになると、汗が臭くなるし、病気になりやすくなるし、何よりも異性から嫌われたりイジられたりと踏んだり蹴ったりである。一度体が太ってしまうと、痩せるために「ダイエット」という苦行を強いられる結末になる。その為、カロリーの高い食べ物を我慢して食事制限や断食をする人がいるであろう…。

そんな現状に異論を唱えたのがサンドウィッチマンの伊達みきおである。それは、2017年の10月15日に放送されたアメトークついつい食べ過ぎちゃう芸人」に出演した際に「柿の種はこんなに小さいのに太るわけがない!」や「カステラはギュって潰せば小さくなるから太るわけない」などと、普通に聞けばむちゃくちゃな理論を唱えた。この時に「カロリーゼロ理論」が誕生したのである。その後も、アメトークの「甘いもの大好き芸人」、「ハンバーグ大好き芸人」、「アイスクリーム大好き芸人」、「揚げ物大好き芸人」などで出演する度にこのカロリーゼロ理論を唱えるようになったのである。伊達のカロリーゼロ理論に共感したのか、共演者であるブラックマヨネーズの小杉もカロリーゼロ理論を唱えるようになった。さらに、アメトーク以外の番組でもカロリーゼロ理論を披露するようになった。

そうして、伊達のカロリーゼロ理論がどんどんSNS上で流行していき、中にはオリジナルのカロリーゼロ理論を唱える人まで現れるようになった。遂には、「ウマーベラス」というタイトルで、カロリーゼロ理論が楽曲化までしたのである。(曲は↓の動画を見てね)

ちなみに、2017年の流行語大賞に「カロリーゼロ理論」が入るのを狙ってたが、残念ながらノミネートすらされなかった。しかし、先ほど触れた「ウマーベラス」で紅白歌合戦出場を狙っているようである。


カロリーの特徴[編集]

伊達みきお曰く、カロリーは以下の特徴があるらしい。

  1. カロリーは中心に集まる性質がある。そのため、中心が空洞だとカロリーは無くなる。
  2. カロリー同士がぶつかり合うと、けんかして無くなる。
  3. に弱く、110℃以上だと耐えられない。
  4. 凍ると無くなる。
  5. 白いものは白紙に戻って無くなる。
  6. 烏龍茶を飲むと一切無くなる。
  7. 辛い食べ物はカロリーが無い。
  8. パン粉に包んでで揚げると、カロリーが油へ逃げる。
  9. 昔からあるロングセラーのお菓子は太らない。
  10. 糖分を含んだ甘いものはすぐエネルギーに変わるので太らない。
  11. 甘いものとしょっぱいものを交互に食べればカロリーが無い。
  12. 新幹線などに持ち込んだ食材には速すぎてカロリーがついてこられず、カロリーがなくなる。

カロリーゼロ理論の科学的説明[編集]

この「カロリーゼロ理論」は当初学界から黙殺されていたが、米国のSandwichman大学のマイキーオ・デイト(Mikio Date)博士のただの長年の暴飲暴食自らの健康を犠牲にした壮絶な研究によって明らかにされた。以下に博士の証明の概略を記す[テストに出るよ!]

①について
デイト博士の研究によれば、カロリーには揮発性があるため外気に触れやすい食品の外側ほどカロリーが消失し、結果見かけ上「中心に集まる」ように見える。食べ物の中に穴をあけるとよりカロリーが揮発しやすくなり、全体のカロリーが消失する。
②・⑪について
⑪については、量子力学の「対消滅」(反対の性質を持つ素粒子が衝突すると両方とも消滅する現象)によってカロリーが消滅する。②についても、デイト博士は量子力学や素粒子に関する理論からカロリーが消滅することを導出したが、非常に難解なので説明は省略する。なお、のちに②については1=2から導ける「すべての数は0に等しい」という定理を用いて簡潔に証明されたため、現在の教科書にはこちらの説明が記載されていることが多いていうかその理屈が通るなら何でも1=2よりカロリーゼロだろ
③・④・⑦・⑧について
カロリーとエネルギーは物理学的に同質のものである。そのため、油で揚げるなど食材を高温にすると、熱エネルギーを生み出すために食材中のカロリーが消費されるためカロリーが消える。辛い食材に関しても、咀嚼する過程で熱を発するためにカロリーが使われ、結果として消える(激辛料理を食べると体が熱くなるのはこのためである)。
また、凍らせるとカロリーが消失するのは食材を低温にすると食材から熱エネルギー(=カロリー)が奪われるためである。
⑤について
エネルギーは仕事と物理学的に同質である。ところで、一般に仕事Wは力Fと長さxを用いて

W=Fx

と表せる。わかりやすく言うと、エネルギーは数式的に

(エネルギー)=(食材の重さ)×(長さ)

で表せるということである力と質量は厳密には違うとか言わない。また、白い光は様々な色の光が集まってできたものであり、当然さまざまな波長の光が集まってできている。よって、白い光ほど波長の合計が大きくなり、前述の式より光エネルギーの量も大きくなるため、エネルギーを捻出するためにカロリーが消費され、消失する。
⑥について
⑪と同様、ヘルシーでない食材とヘルシーな烏龍茶という反対の性質のものを同時に摂取することで量子力学的にカロリーが対消滅するため、カロリーはゼロになる。
⑨について
ロングセラーのお菓子は長期間販売されて続けているため、中心部のカロリーまで揮発しきって消失していると考えられる。仮にカロリーが残存していても、お菓子は多分に糖類を含んでいるので⑩より残存カロリーの影響は無視できるほど小さい。
⑩について
ブドウ糖(グルコース)やショ糖(スクロース)などに代表される糖類は、デンプンよりもはるかに大きさが小さい(気になるなら頭の固い百科事典でも参照せよ)ことから消化されやすく、結果として早くカロリーが消費される。頭を使ったり運動すると甘い物を欲するのは、このためである。
⑫について
前述のとおり、カロリー=エネルギーである。ここで、一般に運動エネルギーEは質量m、速さvを用いて

E=mv2/2

と表される。すなわち

(運動エネルギー)=(重さ)×(速さ)×(速さ)÷2

となる。よって、新幹線など速度が大きい所では運動エネルギーも大きくなり、運動エネルギーを生み出すためにカロリーが消費される。ランニングやサイクリングをするとカロリーが消費されるのも、この理論で説明できる。

カロリーゼロの食べ物[編集]

ドーナツバームクーヘン
①の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ。しかも、ドーナツは形そのものが"0"を表している。
カステラ
潰して小さくすればカロリーゼロ。(ただし、空中に散布される副流カロリーに注意が必要)
カツカレー天ぷら中華かつ丼など
②の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ
揚げ物
③の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ
アイスクリーム
④の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ
ガリガリ君
④の特徴が当てはまるし、食べたら痩せるから「ガリガリ君」なのである。よってカロリーゼロ。
白米お餅うどんヨーグルト豆腐そうめん大福ホワイトチョコなど
⑤の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ
柿の種
小さい上、一応⑦の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ
麻婆豆腐
豆腐はヘルシーな上、⑦の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ
麩菓子、きな粉名人
ほぼ食べている気がしないのでカロリーゼロ
コロッケ
じゃがいもは野菜な上、③と⑧の特徴が当てはまるのでカロリーゼロ
ナポリタン
トマトでコーティングされているのでカロリーゼロ
サラダ味のお菓子
ヘルシーなのでカロリーゼロ
ジンギスカン
ラム肉はヘルシーなのでカロリーゼロ
純米のせんべい
純米なのでカロリーゼロ


よって、これらの食べ物は全てカロリーゼロである!!

小杉も思わずこの笑顔である。



余談[編集]

そんな伊達であるが、2017年の時に血圧を測ると、なんと「上が211・下が146」とかなりの高血圧であることが発覚し、医者から「今、目の前で死んでもおかしくないです」とドクター警告を受けた事をテレビで告白した。現在は、降圧剤を飲んでいるようである。

高血圧の原因は、食べ物に何でもかんでも醤油をかける程のしょっぱいのをよく食べる東北文化の影響だと本人が明かしている。

ちなみに、本物の栄養士の人から「何を言っているのですか?」と書かれた怒りの手紙が来たことがあるらしい…。

豆知識[編集]

通常は1日3食が基本であるが、中には1日2食の人もいるだろう。しかし、実は1日2食の人の方が太りやすくなるという情報がある。

理由は、食事回数を減らすと空腹時間が長くなり、食べ物の吸収率が上がる為と言われている。さらに、空腹時間が長いことで余計に過剰摂取(暴食)をしてしまう。過剰摂取をしてしまうと、体内の血糖値が急激に上昇してしまい、インスリンが大量に分泌される。このインスリンは、筋肉を作る細胞や脂肪を作る細胞にエネルギーを送る働きがあるが、空腹時間が長ければ長いほど、脂肪が体内にどんどん蓄積されてしまうので、結果的に太ってしまうということである。なので太りたくなければ、たとえ時間が無くても1日3食しっかり食べましょう!

ちなみに力士の場合は、あえて太らせるために1日2食にしているようである。

関連項目[編集]