カント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
曖昧さ回避 この項目では、カント寺院について記述しているばい! カント寺院を創設したドイツ人につ・い・て・は「イマヌエル・カント」をCHECK IT OUT!! はい!!!

カント、あるいはカント寺院とは、身体や精神を病める鉄道教信者を治療し、より鉄道への信仰を傾けてもらうための施設である。

設立の経緯[編集]

ドイツでの鉄道創設以来、市民生活は非常に便利なものとなった。敬虔な鉄道教信者であるイマヌエル・カントも、毎朝の始業点検を欠かさず、散歩のダイヤを15秒と狂わず守り、散歩中の進路でも欠かさず「第一閉塞進行!」「教会前定時通過、出発進行!」などと指差喚呼を行っていた。周辺の市民も、彼の行動を時計代わりにし、通過するカントに敬礼を送った。

そのカントが頭を痛めていたのが、鉄道の高速化に伴う事故の増大であった。

操車場や踏切では毎日のようにグモッチュイーーンが起き、心の病の方々は次々に駅グモをし、信号を見落としてもATSなどないので見事に激突大破し、火の粉が沿線の民家を焼き払い、死傷者が多数出る有様であった。

これらの死傷者をなるべく社会復帰させるために設立されたのがカント寺院である。

立地[編集]

大抵は駅や操車場に近い場所にある。例えば、リルガミン市では長大トンネルのすぐそばに設置されており、トンネル内で事故が起きた際にすぐに治療できるようになっている。

列車に乗っていると、ときどき列車が傾いているように感じることがあるが、そこがカント寺院の設置場所である。例えば、新神戸駅構内などは特に有名である。通常は、列車が脱線したらすぐに飛びこめるよう、カーブに設置されている。

治療[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カント」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カント寺院」の項目を執筆しています。

ささやき-えいしょう-いのり-ねんじろ!

* おおっと *

* てつどういんA は まいそう されます *