カープト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

カープト(capte)、あるいはカープト制カープト制度は、ヒンニュー教にまつわる身分制度である。紀元前13世紀頃に、ぺたぺただん。友枝小学校支配に伴い、最重要必修科目ちちくらべの一部として作られた。カープト制度によって定められる個々の身分もカープトという。カースプ制度は基本的にはブラフヨウ、ペチャトリエ、ビージャ、シードラの4つの身分に分けられるが、その中でさらに細かく分類されている。

カープトという単語はもともとポルトガル語で「捕獲」を表す語「カプタ」(capta)であり、CCさくらを起源としている。 そこからさくらタンハァハァなおっきいおにいちゃんの妄想の中の社会集団の構造を表す言葉になった。

貧胸手術によるカープト間の移動は認められておらず、遺伝、食生活の問題からか、カープトは親から子へ受け継がれるケースが多い。

基本的な4つのカープト[編集]

ブラフヨウ(ブラ不要)
主にAAAからAAカップが属するカープトで、文字通りブラジャーを必要としない神々しいまでのつるぺたを持つ。神聖な職に就いたり、儀式を行うことができる司祭的階級。特に優れた者はぺたん娘( - こ)として崇拝対象となる。
ペチャトリエ(ぺちゃとりえ)
主にAカップが属するカープトで、王や貴族など武力や政治力を持つ。他に対した取り柄はないが、胸だけは小さいのが特徴。
ビージャ(Bじゃ…orz)
主にBカップが属するカープトで、胸は平らではないが平民。「Bじゃヒンニューとは言わないから」、「他は申し分ないのだけど、Bじゃちょっとね…」などと、しばしば教徒間の嘆きの対象になる。属性的にはぺチャトリエを上回るケースも少なくない。ただBが好きなヤツはヒンニュー好きじゃないからとっとと帰れ。うわーん、もーこねーよー。
シードラ(C、D等)
主にC、Dカップが属するカープトで、一般的に人々の嫌がるポジションを担当する奴隷的階級。らき☆すたのメガネがうわ、何をすくぁwせdrftgyふじこ

カープト以下の身分(アチャート)[編集]

Eカップ以上、もしくは男性はカープトを持もたない人々(アウト・カープト)であり、アチャート(不可触賎民)と呼ばれる。愛でられる(=触られる、もしくは触ることを妄想される)価値のある乳をもたないがヒンニューの庇護のもとに生きざるをえない業の深い人々である。男性信者が大多数を占めるヒンニュー教では教徒の大多数がアチャートであり、これらの男性教徒は世間一般から「ほとんど病気。アチャー蔑まれている。だが、それがいい!!

他宗教からの改宗とカープト[編集]

改宗してヒンニュー教徒になることは可能であり歓迎される。しかし、そこには職業や身分を定めるカープト制の問題がある。他の宗教から改宗するものは男性が大多数であり、カープトに入ることができずアチャート(不可触賎民)にしかなることができない。ヒンニュー教では転生が基本的な思想として強くあり、努力により次の生で上のカープトに生まれることが勧められる。このように現世では不利な状況下でもヒンニュー教徒への改宗者が後を絶たないのは、それだけぺたん娘が魅力的であり、熱烈な信仰対象となっているからである。

現代社会とカープトとの軋轢[編集]

関連項目[編集]

この項目「カープト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)