ガリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
血の色で染まったガリ

ガリとは、人の肉の部分を削いで作られる食べ物である。

概要[編集]

ガリは寿司などと共に食べることが多い。当然、ガリは人から作られているため人の味がする。しかし、大抵の人は人をそのまま食べたことがないので、ガリが人の味と認識されることは少ない。人の神経から生まれる辛味と、脂肪から生まれる甘みが特徴。

歴史[編集]

ガリは日本特有の食べ物で、8世紀ごろには既に存在していたとされる。古来の日本の一部には動物を食べる際に、動物に生贄となる人間を差し出す慣習があった。しかし毎回人間を差し出すと人間が凄いスピードでいなくなるので、人間の一部、いわゆるガリを動物に差し出すようになった。
だが、そのガリは動物たちには不評で、ほとんど食べてもらえなかった。仕方ないので人間がガリを食べてみたら、意外にも美味しかったために、ガリは人間の食べ物になった。 生き物を食べる代わりにガリを差し出すという文化はそのまま、寿司屋でガリが出てくる理由となっている。

製造法[編集]

ガリは人の肉を削いで作られている。削がれる人はバイトで募集している。ガリ一切れで2円程度の報酬がある。
肉を削がれた人はガリ、削がれすぎている人はガリガリと言われる。
大きな動脈を切らないように肉を削ぐのは相当の技術が必要であるため、1~2年の研修を必要とする。人の肉を削いでガリを作る人を、ガリ切削士、通称ガリガリ君と呼ばれる。

非難[編集]

ガリを食べることは一種のカニバリズムであると、国際社会から非難されている。これに対し日本は「ガリとは、動物の命を重んじる日本文化の美しさが現れた食べ物であり、カニバリズムの一言でガリを片付けるのはよろしくない」としている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガリ」の項目を執筆しています。