ガリバン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

ガリバンことジュゼッペ・ガリバン(Giuseppe Gariban、 1807年 - 1882年)はイタリアの機械工・発明家である。ガリバン印刷を発明したことで有名。

生涯[編集]

ガリバンは1807年、トスカーナ地方に生まれた。技術者の家庭に生まれた彼は、家業を継いで金属加工の職人となった。1836年、ガリバンは南米への航海をした。そこで彼は結婚している。当時のブラジルは革命の機運もあり、宣伝ビラの需要が高まっていたが、印刷工場がなかった。1840年、現地で調達可能な材料を用いて今日ガリバン印刷と呼ばれる印刷法を開発した。1848年、故郷イタリアの革命騒動を聞きつけ、印刷術を生かすべく帰国した。彼はジェノヴァで機械工として働くが、印刷術は活版印刷に対する優位性を見いだせず、1882年に同地で亡なった。

印刷術[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「謄写版」の項目を執筆しています。

彼の発明した印刷術は比較的シンプルであり、表面にロウを塗りつけたを原版とするものである。ロウ紙の表面のロウを鉄筆で削って原版を作り、裏面からインクを塗るとロウが削られたところだけからインクが染みて印刷される仕組みで、一種のシルクスクリーン印刷である。誰にでも手軽に原版を作ることができる反面、版の耐久性や効率では活字印刷に劣っていたため、現代で言うコピー機のような用途で用いられた。

彼の印刷術は活版印刷に劣っていたため広く用いられることはなかったが、アメリカ大陸で独自の発展を遂げ、1893年ごろにトーマス・エジソンにより改良がくわえられた。文字の種類が多く活字印刷のコストが高かった漢字文化圏ではより重要であった。エジソンによる改良版は翌年には日本に持ち込まれ、堀井新治郎の改良により日本で簡易印刷の主流になるに至った。その後、コピー機の発明までガリバン印刷は広く使われた。日本では「ガリガリ削る版なのでガリ版」という俗説があるが、民明書房並みの民間語源である。