キムチカード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

キムチカード(きむちかーど)とは外交ゲームのカードの一種で、韓国のプレイヤーが出せるカードのこと。韓国の国民食・キムチが由来だという説と火病の火は赤いからという2つの説がある。

概要[編集]

2012年夏にカードゲームメーカー・アメリカコクレンが共同発売したカードゲームアジア編に含まれるカードの一種。

使用方法としてはアメリカ国連のカードなど、世界で大きな権力を持つ国や組織に「日本は悪い国だ」などと告げ口をしていくなど迫力に欠ける面が多いが、中国のカードと仲間を組むと、韓国だけではどうしようもなかったものが、世界第二のGDPを誇る中国を巻き込めば、アメリカも低姿勢になり、日本に対しても抗議や訂正を求めるようになるなど、一躍世界が恐れるほどのカードとなるが、中国と組むことはほとんどないため、心配がいらない場合が多い。反面、中国とともに日本から提出される国際司法裁判所カードに弱い面があり、カードを出されると、後述する慰安婦カードなどを出さないと負ける可能性が高い。

また、このカードは仲を組むと効果が上がる中国に対しても、中国共産党カード以外のカードからは反面を買うため、まさに一か八かである。

他のカード[編集]

慰安婦カード
日本を相手に「戦時中に与えられた苦痛(ry」などと延々としゃべり、相手の体力を減らすカード。
独島カード
日本でいう竹島はわが領土だと主張するカードで、独島カードが置いてある近くに日本のカードが近づくとそのカードが自分のものになるカード。どちらかというと先陣を切るタイプのカードで、後半になるにつれて効果がなくなる。
東海カード
米国に国民を移住させ、州政府に「日本海を東海(トンへ)併記(単独表記)しなければ違う州に行くニダ」などと脅し、日本にダメージを与えるカード。独島タイプとは違い、代打逆転満塁ホームランタイプ。
火病カード
状況が不利になった場合にすべてを振り出しに戻す魔のカード。世界で唯一所持するカード。

関連項目[編集]