クタラギ剣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

クタラギ剣- けん)は、『ソニー創世記』に登場する伝説の聖剣。世界で最も美しい剣といわれている。

伝説[編集]

ある日、少年は転んで穴にはまり抜けられなくなっていた妖精を助けた。妖精はろぼたんと名乗り、お礼にと一振りの剣をさし出した。その力はすさまじく、すべてを仕様の名の下に一掃したという。また、誰にも破ることが出来ないと言われた伝説の防具「任天胴」を刺し貫いた事でも有名である。

初代所有者クタラギ健の名を冠し、クタラギ剣と呼ばれるようになった。

特徴[編集]

オリジナリティは無いが、過去の聖剣の能力を取り入れているためそれなりの強さを誇る。普段はリミッターがかけられており、それを解除して「333Ghzモード」になることで完全な力を振るえるが、エネルギーの消耗が激しくなる。

最近はプラネタリウム、翻訳機能などツールとしての機能も充実してきている。


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 クタラギ剣 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)