クラッカー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クラッカー」の項目を執筆しています。

クラッカーとは、米国南部で生まれた焼き菓子の一種である。

概要[編集]

これが語源となった指鳴らしの様子。

クラッカーの語源となったのは、米国南部の白人男性への蔑称だとされている[要出典]。更にその元になったのはクルミ割り人形(ナッツ・クラッカー)である。クルミ割り人形がクルミを割る時のパキパキと言う音が、教育水準の低い南部の男性が威嚇として行う「指鳴らし[1]」と結びつけられ、更にクルミ割り人形の不細工さも加えられてクラッカーは「バカで不細工な南部のバカ」という意味になった[要出典]

そんな南部では、気温の高さから発汗量が多く塩味の強い食べ物が好まれる傾向にあった。また鶏卵などが入手しずらかった為、小麦粉の比率の高い塩味の焼き菓子が伝統的に作られていた。それをマサチューセッツ州のパン職人が軍へ持ち込んだことで兵糧として採用したが、当時のクラッカーは今と比較するとかなり硬く、食べると指鳴らしのようにパキパキと音を立てる為誰ともなくこれを「クラッカー」と呼ぶようになったのである。

近年ではクラッカーは世界に広がっており、特にインターネット上ではクラッカーに関する話題が日夜繰り広げられている。そういった話題は「クラッキング」とも呼ばれ、世代を越えて愛されているのである。

クラッカーの作り方[編集]

クラッカーは非常に作り方が簡単で、しかも薄く焼き上げ湿気を飛ばすため保存性も高い。現代で作る場合は水と薄力粉、味付けの塩さえあれば事足りる。薄力粉80gに対して水60mlを加えて塩を適宜入れて練り上げ、それを薄く伸ばして両面を焼くだけである。これを薄く延ばさず焼くと乾パンになる。

またクラッカーと混同されるものに「ハッカー」が存在するが、これは材料として薄荷を練り込むことで爽やかさを出そうとした焼き菓子。鶏卵等を使った甘めのもので、見た目は似ているが別物である。愛好家たちはクラッカーとハッカーの混同に厳しく、その違いを語り合うことを好むとされている[2][要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 指だけでなく、首などをポキポキと鳴らす場合もある。
  2. ^ 分類上は同じ「焼き菓子」だが。

関連項目[編集]


Dish.png このクラッカーは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)