クラッシュ・バンディクー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
集落初の奥行きある映画ぱぷ。
クラッシュ・バンディクー について、村長パプパプ
「はっきり言って身震いしたよ」
クラッシュ・バンディクー について、任天堂
「私には一切関係のないことですね。」
クラッシュ・バンディクー について、マリ男さん
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クラッシュ・バンディクー」の項目を執筆しています。

クラッシュ・バンディクー』とは、ZONYピクチャーのタイ・ヨウグマが監督をつとめた全15作におよぶ超大作の映画シリーズの総称である。

国連に登録してあるすべての国で上映されたことでも有名。北朝鮮では、映画のフィルムを運ぶさいに某将軍の銅像および記念碑をついつい破壊してしまったのは有名な話である。

概要[編集]

物語は、主人公のココが「クラッシュ・バンディクー」というスポーツの大会に出場するところからはじまる。このスポーツは名前の通り、バンディクーという動物を互いに選手が衝突させて、先に鳴いたほうが勝ちというスポーツだ(韓国人によると起源は韓国)。しかし、15作目で衝突に関係なくバンディクーが鳴いていたことが判明。試合が始まる前にバンディクーがおなかをすかせて鳴いてしまいココは敗退する。

「クラッシュ・バンディクー」から「クラッシュ・バンディクー レーシング」
いたずら好きな犬が製作。風呂場専用のタイルを売るディンゴタイルの「今日のご飯はヤキニクかーーー」はあまりに有名。(第1回国際ヤキニク発言大会で最優秀賞を受賞)
「クラッシュ・バンディクーカーニバル」から「クラッシュ・バンディクーニトロカート2」
「カーニバル」まではたくさんいたファンがつぎつぎに離れ、15作目の上映時は観客総動員数は1人であった。私である。

キャラクター[編集]

ココ
今は亡き兄を思う妹。周囲の者からはシスコン疑惑が浮上している。パソコンが得意で2000年事件は彼女が起こした。一説によると他の姿に化けてFF5にも出演しているとか…
コルテックス
ニーナという女の子を誘拐し、自分が本当の親だと思い込ませ20年以上ともに暮らした。しかし、海老流という男にニーナが誘拐されてしまう。「10次元なう」と書かれた置き手紙の伏線は回収されなかった。その後、急速に髪の毛がなくなり「うかうかしてたら禿げる教」(通称ウカウカ教)に入信し、教団の教え通り自分のアタマにNを描いた。
アクアク
このスポーツの自称発案者。とても痩せていて木の板のようだ。韓国出身の学者。
ディンゴタイル
タイルやさん。とにかく食べることが好きで、客の家に行ったときににおいだけで「ヤキニク」と言い当てた。
リパールー
通称切り裂きリッパー。フィールドの草をすべてかってしまい主催者に怒られたwwww

関連項目[編集]

Ronjeremy mario.jpg このゲーム「クラッシュ・バンディクー」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)