クレジット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

クレジット(Credit)とは、宇宙で通用する仮想通貨の単位である。

概要[編集]

スペースシャトル等の開発により惑星間の交易が盛んになると、当然惑星間での物流も行われるようになった。 その際に当然何らかのものと交換する必要が生じたが、各惑星の通貨はばらばらであり、他の惑星人に引き渡しても当然ながら価値を認めてもらえない。 また、等の貴金属類やダイヤモンドなどの宝石類も、金やダイヤモンドがビー玉よりも価値がないと言う惑星が実在するなどしたため、交換に応じてもらえないケースが生じる事となった。 このため、各地の通貨をやり取りするものとして考案されたのがクレジットと呼ばれる仮想通貨である。 これにより、例えばアンドロメダ人が日本人から物品を購入する際には、アンドロメダドルを一旦クレジットに両替して引渡し、受け取った側は日本円に両替して受け取ると言う事が可能になった。

利用方法[編集]

クレジット通貨はいわゆる電子マネーとしてやり取りされる。 宇宙為替取扱銀行または宇宙通貨両替銀行の窓口に現地通貨とクレジット通貨カードを提出すると、当該通貨から手数料を差し引いた額をクレジットに両替してカードに登録する。 宇宙人との商取引ではその通貨カードから受取人の通貨カードに残高を移転する事で金銭のやり取りが行われる事になる。 受け取った側は自分の住む惑星にある取扱銀行にクレジット通貨カードを提出して、現地通貨に両替してもらう事となる。

このように、専用のカードを利用する必要があるため、例えば小学生が1クレジット硬貨を駄菓子屋に持って行って「うまい棒一本ちょーだい」などとする事はあり得ないわけである。 また、あくまでも惑星間の通貨をやり取りするための仮想通貨であり、全惑星の通貨を統一する意図の元で制定されたものではない事にも注意されたい。

現在の為替レート[編集]

2008年10月14日現在、1クレジットは156米国ドルに固定されている。このため、日本一部ではHydeと呼ばれる事があるが、宇宙商取引では通用しないので注意されたい(Hydeの身長は156cmである)。 尚、クレジットより下の桁の通貨は存在しないため、両替時に端数が生じた場合は釣銭として返却されたり、カード残高に残されるなどとなる。

利用状況[編集]

現在、宇宙を舞台にした漫画などでは万単位のクレジット通貨が日常的に取引されているらしいが、為替レートをご覧になれば分かる通り、相当な金額が日常的に宇宙を飛び回っている事になる。

関連事項[編集]

  • 通貨
  • ペリカ - 地球上の全世界で通用する仮想通貨。クレジットはこれの宇宙版と考えられている。


この項目「クレジット」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)