クロックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クロックス」の項目を執筆しています。

クロックス(crocs)はクロックス社によって製造販売されている、集合体恐怖症(トライポフォビア)を効率的に発見・排除するために発明された靴である。

概要[編集]

クロックスの売り場の例。クロックスだけでなく、手前の小さい棚にもブツブツを仕込んでいる

クロックスは色鮮やかな樹脂製のサンダルに大量のブツブツとした穴を開け、蓮コラの様にして製造される。

穴の開いた部分に対しての裏貼りなどは通常行われないが、これはサンダルの樹脂が分厚いために穴の部分が自然と影になり陰影が立体感を強調すること、またこれを素足で着用して日焼けした際に蓮コラの実物化とも言える不気味な斑点模様の日焼けをさせることを目的としている。

販売店では威圧感や密集度を高めるため、カラフルなクロックスを大量に集めて陳列する事がある。

類似品[編集]

クロックスの模倣品は各社から安価に販売されているが、これらはクロックス社の「ブツブツで気持ち悪くなるやつが増えるならそれでいい」という方針から黙認されている。

対策[編集]

ブツブツが気にならないよう穴を埋めてしまえばいいという発想のもと、穴にジビッツと呼ばれるバッジのようなものを埋め込むアイデアが生まれた。しかしジビッツは2006年に買収されクロックスを自分好みに飾るアクセサリーとして宣伝されてしまい、一足あたりの穴は減るが靴の数そのもの、ひいては穴の総量が増えるという結果となった。

日本では、2007年ごろから製品評価技術基盤機構の主導でエスカレーター事故が多発していると発表し、ネガティブキャンペーンを行った。しかし上記のジビッツが付いているとさらに危険だとしてしまった結果、せっかく塞いだ穴がまた開き、穴の数が増えてしまうという事態が発生した。

インターネット上ではDQNっぽい、貧乏そうなどのネガティブキャンペーンが継続して行なわれているが、これもクロックスおよびブツブツの普及を妨げる事には成功していない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第37回執筆コンテストに出品されました。