クローン人間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

クローン人間(-にんげん)とは、何か。

教育者による製造[編集]

「個人を尊重し、個性を伸ばす」。表向きだけの方針。実際の所は「出る杭は打たれる」集団生活を強いられるのがこの日本の教育である。幼い頃からみんなと同じ教科書で学び、みんなと同じ机を並べ、みんなと同じ給食を食べ、みんなと同じランドセルで登校。中・高になればみんなと同じ制服を着、社会に出ればみんなと同じスーツを着て通勤する。口では「少数派の意見を尊重する」などと言いながらも、小学校の学級活動でさえ最終決定は多数決。誰も文句をいうことを許されない。国語の教科書で用いられる「みんな違ってみんないい」も現実社会ではのけ者にされるだけだ。先生や年長者に言われるがままに行動し、規律を乱せば疎外され、規則に従えば褒められる。無論、叱られるのは誰も本望ではない。だから、自分を押し殺しても集団に同化する。ただ褒められるために。考え方から何から何まで「教育者」と呼ばれる製造者たちに形作られていくのである。

個性に安住出来ない環境[編集]

「その服カワイー☆」自らの外見ばかりを気にする女子高生たち。一見個性があるように見受けられるが、結局雑誌そのままの格好をしているだけ。みんなで同じ格好をして、カワイイと言われるからカワイイと言い、カワイイと言ったからカワイイと言われたのに本気で受け取って自分をカワイイと思う。女子高生だからお洒落をするのはあたりまえ。ならばその「女子高生の当たり前」を決めたのはどこのどいつだろうか。女子高生の当たり前が決まっていなければ、カワイイの基準も個人でそれぞれ違う。基準に大差が無かったとしてもそれ程似たような格好にはならない筈だ。にも拘らず町を歩く彼女たちは右に倣えで同じ服装。現代の女子高生は当たり前を決めた奴の猿真似をしているだけである。みんなと同じでなければ安心できない。みんなと同じであることで自分の存在価値を示そうとする。それは自分の証明と呼ぶには程遠い。「みんな」という大海原に揉まれる流木の片鱗に過ぎない。でも、みんなと違うと嫌われる。だからみんなと同じ格好でみんなと同じものを持ってみんなと同じことをする。学生社会にも日本の現状は顕著に表れる。

他人によって構成された自分[編集]

ミケランジェロシェークスピアバッハ。偉大な芸術家たちは己の感性を追求し、追求し、追求して後世にまで残る作品の数々を残してきた。そして現代にも自身を表現したい、自分を認められたい、そう願う若者たちがいる。「『人とは違うことをしたい』という、人と同じ台詞」。本質を突いた言葉に心を貫かれた人はどれほどいるか。人と違うことを…。そうして周りばかりを見、自分を見失う。そういう人がどれほどいるか。「自分らしさを探して誰かの真似もしてみた」。シンガーは歌った。様々な人々と関わりあってあるのが今の自分。意識せずとも、その喋り方・その考え方は先天的に持っているものではなく、他の誰かからインスパイアされて出来た代物なのだ。しかもこの「同じことを同じようにする」ことが評価されるこの日本社会。みんな同じものから影響されているのでは何も変わらず、変化が滞ってしまうのみだ。これでは国を導くカリスマも登場する筈はない。しかし、誰も気付かない。気付かない程に同じ教育をされているから。

踊らされる糸繰り人形[編集]

「お上」は扱いやすい限りだろう。ロクにマスメディアを疑わせる教育を受けさせないまま、流れてくる情報を信じ込ませ操作することが出来るのだから。新聞が右を向けといえば右を向き、テレビのニュースが左を向けと言えばその通りにする国民達。勿論いたるところで警鐘は鳴っている。が、聞く耳は持っても実際に自分に降りかかっているとは思わない。自分は他の誰かとは違う。自分が引っ掛かる筈はない。そう思ってしまうのが人の常、いや、日本人の常だ。似たような人間を大量生産する日本の教育の賜物とも言える。当の本人は騙されている、操られていることすら知らない。本当に大切なことは学校では教えられないのだ。国家が知られてはいけないことは「みんな」が他のもっと下らないことに集中することで「無かったこと」にされ、歴史の片隅に葬られる。そして明日も、集団で同じ考えを持ち、同じ行動を取る人々はマリオネットのように踊らされるのである――。

結論[編集]

クローン人間は…


あなただ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クローン」の項目を執筆しています。