クールジャパン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クールジャパン(:Cool Japan)とは、地球温暖化の進行を食い止めるために日本が行っている政策である。

概要[編集]

20世紀半ば以降に地球温暖化はめまぐるしく進み、平成以降になると世界的に問題視されるようになった。特に日本の場合は元より高温多湿の気候であることもあり蒸し暑い真夏日が連続するようになり、人々の生活面で大きく影響が出るようになった。そこで温暖化を食い止めるべく「日本を世界中からクールと言わせる」ことを目的としたのがクールジャパンである。そこで「クールジャパン気候[1]を実現させる」ことを目的としたクールジャパン機構を中心に「表面上だけの美しさ」を第一に押し出した何とも奇妙な政策を次々と行っているのだが、結果的には「日本の現状を見据えようとする真面目な、あるいは真面目な人気取りの痛い日本人を冷笑させるか冷や汗をかかせる」ということでしかクールを実現できなくなっている。

主な政策[編集]

「燃え」から「萌え」への転換[編集]

1980年代からはいわゆる魔法少女ものやロボットアニメを中心に大人を裏のターゲットとする作品が増えだし、従来ほとんど子供向けに特化していたアニメ業界に変化がみられるようになった。そしてターゲットとなった大人はいつの間にか(主に魔法少女に対して)燃え燃えキュンキュンするようになり、作品が有名になったことで全国各地で局地的な温暖化が発生するようになってしまった。

そこで、政府は決定的な対策を講じることになった。それが「萌え」である。火災の原因になるばかりか、空気をも暑苦しくさせる「燃え」を、植物を成長させ二酸化炭素を吸収する「萌え」に転換することで、オタク層による局地的な温暖化を食い止めることに成功した。

「萌え」政策の成功を踏まえて、1990年代後半以降は萌えを主体としたアニメを多く量産することにして温暖化を食い止める方針を固めている。2002年には初の萌えに特化した4コマ漫画雑誌のまんがタイムきらら芳文社から出版したり、2005年にはドラマ電車男が大ヒットし萌え政策は幅広い層に影響を及ぼした。しかし、2010年代後半以降は植物の成長源オタクの所持金が失われているのか萌えアニメが減少傾向にあり、20年の時を経て新たな政策を考える時が来ているようである。

爽やかなオタクを増やす[編集]

旧来「オタク」という言葉が持つ意味は9割9分悪口であった。特に1980年代~90年代前半にかけては一人のオタクによる凶悪犯罪によってさらにオタクに対する世間体は悪化し、いくらか偏見がマシになってからも相変わらず「オタク=むさ苦しいメガネデブ」という印象は相変わらずであった。

しかし、1990年代半ばに海外に広まったオタク文化は何を勘違いしたのかクールなものとして認識され、オタクの一般化と合わせて「むさ苦しいメガネデブ」というイメージもいつしか無くなり、宮田俊哉のようにオタクを前面に押し出すジャニタレが現れるなど爽やかなオタクが増えたことでオタク文化は全体的に寒冷化が進んでいる。

負の面[編集]

前述の通り、クールジャパン政策は今となっては人々の冷笑、または冷や汗を誘うものでしかない。しかし、どっちにしろ寒冷化への効果はあるせいか日本政府は政策をやめることはせず、それどころかむしろ悪化している。そんなクールジャパン政策の負の面を以下に挙げる。

偏見の強調[編集]

所詮クールジャパンというのは外国人の持つ日本への偏見「Sushi, Samurai, Ninja」を誇張し、そこに「Manga, Anime」を加えたものに過ぎない。日本人が毎日和食を食べるわけではないし、仕事でもない限り日常生活で着物を着ている日本人などほぼ皆無である。武道より野球サッカーの方が人気だ。では何故日本側が率先して偏見を強調するのか?

それは「外国人にとってクールだから」という理由もあるが、最大の理由は「間違った日本観を広めることによって日本人に寒気を与える」ことである。自国を正しく愛する心を持つ日本人は他国を貶したり政治家に八つ当たりすることなどせず今の日本のありのままの姿を好み、そして敏感な心を持つ[要出典]。そんな彼らにとって「Sushi, Samurai, Ninja」などパラレルワールドでしかなく、そんなものを日本側から広められてはもう寒気が止まらなくなるだろう、ということらしい。寒気がしてたら相対的に体温上がってるんじゃないかって気もするが。

自己陶酔[編集]

他人からの評価である「クール」を自己認定するというどこか違和感のある当政策だが、それは冷笑を誘うことで涼しさを誘う方法の一つだという。現に国外でさえも「自惚れクールジャパン」と呼ばれることが多く、効果は抜群である。こっちからすれば恥ずかしくて顔が温暖化しているが。

脚注[編集]

  1. ^ こういった寒いダジャレもまた日本の寒冷化を促進するという。

関連項目[編集]

  • クール・ジャッパーン - 富士急ハイランドのアトラクション。分かりやすくダジャレだが、何だかんだ一番クールでジャパンである。そしてしっかり寒冷化も促している。
  • クール教信者 - クールジャパンを体現した名前を持つ漫画家。ヒット作を複数持ち、しっかりクールジャパン政策に多大な影響をもたらしている。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クールジャパン」の項目を執筆しています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第39回執筆コンテストに出品されました。