グルー言語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グルー言語(grue language)とは、グルーを操ろうという無駄な試みのために作られた人工言語である。

有史以来数多くの試みがなされてはいるのだが、そもそも言葉が聞こえるほど近づいているということはすでに頭から丸かじりされていると言うことなので、役に立つことはない。それとも、腹の中で念仏を唱えるかね?

歴史[編集]

アメリカの電話屋が作った人造フライドチキン屋が身を守るために貝殻を召喚するのに使った魔法がはしりとされている。が、貝殻でグルーから身を守れると思っていたとしたら相当愚かだ。

結果、人造フライドチキン屋はグルーに食われてしまったか、引きこもった。引きこもったとすれば天岩戸だ。まあ、それはどうでもいい。

その後継者はLight-wait Languageとも呼ばれる言語でグルーを操ろうとしているようだが、光を待っているうちに食われるということには気づいていないのだろうか。愚かな。

ちなみに、人造フライドチキン屋の後継者はペンギンや小悪魔なんだそうな。そういう趣味でもあったのか?

主なグルー言語[編集]

  • パール(真珠)
    グルーに真珠を与えるって? 豚にでもくれてやった方がまだましだろう。
  • ルビー(京浜急行電鉄)
    パールより多少は洗練されているかもしれない。どーもくんとは母国語も同じだし。だが、その母国でいろいろ言われるようになったのはデンマーク人のおかげなんじゃないのか?
  • パイソン(皮肉屋のイギリス人
    君はイギリス人が食われているあいだに自分だけ逃げようと言うんだな。

ところで[編集]

こんな無駄なことを考えている暇があったらたいまつの一本も用意した方が建設的だ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グルー言語」の項目を執筆しています。


「グルー言語」は抽象クラス(abstract class)で、クラスとしては不完全なためインスタンス化できません。使用するにはコードを追加してインスタンス化できるようにしてください。 (Portal:スタブ)