ココナッツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ココナッツ」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「ココナッツ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ココナッツ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ココナッツ」の記事を執筆しています。

ココナッツ(又はココナツ)とは、ココヤシの果実。非常に硬い外殻を持ち、「殺人フルーツ」の異名を持つ。

概要[編集]

ココナッツはラグビーボールのような形状で、ココヤシ一本が一年に30個ほど[1]つける。何重にも編み込まれた繊維質の殻の中に、ココナッツジュースと呼ばれる液状の部分が存在する。これは熱帯地方では貴重な水分補給手段となっており、街角では殻に直接孔を空けストローを差し込んだ状態で販売されている。また殻の内側は比較的柔らかく、内皮は食用となり[2]外皮部分はココナッツファイバーという天然繊維が作られる。この部分をみれば有益な果実だが、高所に生る上に強靭過ぎる外殻により生産地では年間数千名規模の死傷者を出しており非常に危険な果実として知られている。

危険性[編集]

ココヤシは高いもので全高30mを越え、熱帯地方の海岸区域を生息圏とする為葉っぱや果実は常に登頂部に近い位置にしか生えない特性を持つ[3]。故にココナッツは非常に高い位置に生る上、1.5kgくらいまで成長する。つまり数十mの高さからそのような重さの物体が前触れ無く落下してくるのである。その破壊力はピーター・バルスによれば2000ポンド[4]に達するとされ、頭部へ直撃を受ければに関わるどころか即死しかねない。

記録に残っている一番古いココナッツによる死亡事故は1777年、クック諸島マンガイア島のテトイ王の第二夫人がココナッツ落下による負傷が原因で無くなった件である。しかし熱帯地方では古くからココナッツの落下が危険視されており、ココヤシの下で子供が遊ぶことを咎める習慣が広く流布している[要出典]。実際に死亡事故件数ではサメを大きく上回っており、多くの熱帯諸国ではココナッツ対策を行い死傷者削減を目指しているが現状では横ばい傾向にある。2010年11月インド政府はムンバイのガンジー博物館にあるココヤシの木を撤去したことを「この街を訪れるオバマ大統領に、ココナッツが落ちることを懸念したため」と公式に発表している。この件に関してホワイトハウスからは「インド政府のおかげで、大統領は恙無くムンバイ訪問を終える事が出来た」と感謝の意が示された。

第二次世界大戦において日本軍はその危険性に着目し、ココナッツ爆弾の開発に着手している。これは球形の物体は外部からの衝撃には強いが内圧の増加に弱いことを利用したもので、中身をくり貫いたココナッツに手榴弾を詰めて作る。爆発により外殻が凶器となって飛散し、手榴弾だけよりも大きな破片被害を与えられる。

また殻以外での死亡例としては、加工品であるナタデココ[5]を喉に詰まらせて死亡するケースが1990年代以降の日本で増加傾向にある。ナタデココは一見寒天やゼリーのようだが、イカの切り身に近い弾性を持つためよく噛まずに呑み込んだ場合気道を塞ぎ窒息に至る。数としては蒟蒻ゼリーを上回っており、早急な規制が求められている。

脚注[編集]

  1. ^ 但し記録によれば、一年で最大75個のココナッツをつけたココヤシも存在したという。
  2. ^ 削って乾燥させたものをすりおろすと洋菓子製作に使われる「ココナッツ」になり、また加工してココナッツミルクにもなる。
  3. ^ 低い位置にあると波しぶきによる塩害や、食料を求める草食の小型生物に食い荒らされてしまう為。
  4. ^ 約907kg。
  5. ^ ココナッツの果汁を発酵させて固めたもの

関連項目[編集]


この項目「ココナッツ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)