ココ・シャネル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ココ・シャネルCoco Chanel, 本名:Gabrielle Bonheur Chanel, 1883年8月19日 - 1971年1月10日)は、フランスの女性ファッションデザイナー

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ココ・シャネル」の項目を執筆しています。

プロフィール[編集]

DQNな女の成功[編集]

フランス南西部オーベルニュ地方ソミュールの救済病院で生まれる。12歳の誕生日を迎える前に母親が他界し、父に捨てられ、孤児院や修道院で育つという鬱エピソードを持つ。このころの彼女の日記には「いつか自分は王女になれる」「わたしは王女様」というような記述が多々存在し、このことから現実逃避じみた幻想を抱いていたことが伺える。ちなみにこの頃の彼女のあだ名は「ローズマリー」であった。チャラチャラした将校たちにナンパされ、連れられていったガストで、調子に乗って「あたしもしかして売れんじゃね?」という浅はかなDQN的発想で芸能界を目指すことになった。それを実行すべく、歌手を志してキャバレーで働き始める。彼女の愛称の「ココ」は、この職場でのあだ名の「鶏女(コケコッコウ)」にちなんでつけられた。

おもいつきで目指したため、芸能界への道に飽きてしまった彼女は、この頃援助交際していた将校であるエチエンヌ・バルサンにひっついてパリ郊外へ移り、彼の牧場でニートとして過ごす。退屈しのぎで制作していた帽子のデザインを自画自賛し、強気な態度で彼に金をせびり、1909年、マルゼルブ大通り160番地で、帽子のアトリエを開業することとなった。

1910年、パリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という名で帽子専門店を開店する。このとき金づるの役目を終えたエチエンヌと別れ、彼の友人にして彼より金持ちの英国人青年実業家アーサー・カペルにひっつき、交際までこぎつける。この新しい恋人に、金を出させてカンボン通りに新しい店を作ってもらった。

1913年、ドーヴィルに二号店を開店。もちろん、男に金を貢がせて作った。翌年第一次世界大戦が開戦。1915年、ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープン。男たちもいい加減、彼女のわがままに対し不満を募らせていたが、なんと翌年、彼女のコレクションが大成功を収めてしまう。とくにジャージー素材を取り入れたドレスが話題となり、結果としてココはますます増長し、男たちはますますココに頭が上がらなくなった。1918年、第一次大戦が終戦。このころもう昔の男となっていた、アーサー・カペルが、大成功を収めたココのうわさを聞き、元の鞘に収まろうと画策する。しかし、これを聞きつけたココは激怒し、ゴルゴ13に彼の殺害を依頼。翌年に彼は自動車による事故死に見せかけられ殺された。

興隆と沈黙とJIT生産方式 [編集]

1921年、本店をカンボン通り31番地に拡張。前年に会った調香師エルネスト・ボーによって生み出された、シャネル初の悪名高い香水「No.5」「No.22」を発表した。(「No.5」の原料にはあれが含まれている。) 1924年、以降6年間に及び交際することになるウェストミンスター公爵と出会う。彼に貢がせた宝石類から元来のDQN的発想がスパークし、ジルコニアなどの模造宝石を売りさばき始める。

ウェストミンスター公爵と別れた後交際していた、売れっ子イラストレータであったポール・イリブはココに結婚を強く迫ったために、1935年に謎の急死を遂げることとなった。このような彼女の性分を恐れ”獅子座の宿命を背負った女”と表現する人も多い。

1934年、企業として順調に成長し続けるシャネル・ブランドは、アクセサリー部門のファクトリーを開設。翌年服地専門のファクトリーも開設した。 1939年、当時4000人を抱える大企業として成長したシャネルだったが、卜ヨ夕自動車顔負けのJIT生産方式を使用した苛烈な労働条件に、労働者側がストライキを敢行。緊急事態にパニックに陥ったココは一部店舗を残し全てのビジネスを閉鎖、一時引退する。以後15年間、思うように男を引っ掛けられず思うように行動ができなかった。

裏切り者のピザ[編集]

第二次世界大戦中の1940年にフランスがアドルフ・ヒトラー率いるドイツ軍に占領された際に、レジスタンスとして多くのフランス人がドイツ軍による軍事占領に抵抗した結果、捉えられた末に拷問されたり戦闘によって命を落としていた。しかしココはドイツ軍将校と愛人関係を結び、愛人の庇護の下自堕落な生活を送った。このころの彼女は一日中ベッドの上で生活し、見る見るうちにピザの化け物へと変貌していった。

このことから、1944年シャルル・ド・ゴール将軍率いる自由フランス軍と連合軍によるフランス解放後に、対独協力者としてフランス中からの非難を浴びて、愛人とともに戦後の数年間スイスローザンヌへ脱出し亡命生活を送った。現在でもココは「ナチスに魂を売った売国ピザ」としてフランス中から嫌われている。

ファッション界へのカムバック [編集]

1954年、ファッション界へカムバックを果たす。当時のヨーロッパにおける彼女のデザインに対する意見は「何このDQNなデザイン」というものが大半を占め、バッシングを受けるなど散々だったが、ウーマンリブによって女性の社会進出がめざましいと同時に勘違いフェミニストがはびこっていたアメリカで熱狂的に受け入れられる。

1971年、住居としていたパリのヴァンドーム広場を望む、ホテル・リッツにて、コレクションの準備中に87歳で亡くなる。はじめはフランスの高級墓地へ埋葬される予定であったが、第二次世界大戦中のフランスへの裏切り行為によって高級墓地への埋葬を拒否された。第一、彼女の遺体が入る大きさの墓地の穴がなかった。そのため第二次世界大戦後に亡命生活を送っていたスイスのローザンヌの墓地に埋葬されることとなった。

関連項目[編集]