ゴーヤーマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゴーヤーマン」の項目を執筆しています。

ゴーヤーマン (Goya-man) は沖縄県がNHKに働きかけて放送したSFアクションドラマちゅらさんにおけるラスボスである。連続テレビ小説の中の最終週において主に登場している。このときは決着がつかないまま番組が終了し、視聴者からブーイングを浴びている。

続編のちゅらさん2およびちゅらさん3では、主人公他の日常に焦点が当てられてしまったため、一切登場していない。2009年夏公開予定の映画(タイトル未定)で決着が付く、といわれているが、肝心の映画の製作費をアメリカ軍への「思いやり予算」の増大で最大スポンサーの沖縄県が出し渋っているため、あまり進んでいないのである。

CVは公表されておらず不明だが、本編でコンビのうちで相方よりも出番が少なかった人かもしれない。

ちゅらさんの爆発的な人気によりフィギュア化(大型及び小型の2タイプ)もされており、NHKスタジオパークや大型百貨店(愛知県では確認済み)、及び沖縄県の土産店で販売されることとなった。それなりに売れたようである。

なお、本編中でゴーヤーマンには妻および子どもが存在することが確認されているが、最終週の火曜日の分のわずか3秒足らずしか登場していない。ゴーヤーマンフィギュアの売上に調子に乗ったNHKによりこちらもフィギュア化もされたが(本当だって)、知名度が低く、あまり売れていない。某社の「たま○っち」の販売戦略の失敗みたいに在庫を多く抱え、NHKは利益を失ってしまっている(だから受信料請求厳しくなったのか?)。

特徴[編集]

モチーフとなったのは当然「にがうり」ではなく「ゴーヤー」である。巨大なゴーヤー状の胴体に手足が生えており、頭部にはニュートロンジャマーキャンセラーを内蔵した色つきヘルメットを、また、背中に「ゴ」と書いてあり、鬼太郎並に防御力を高めるマントを装備している。外見はかなりかわいらしいが、人間を専門に攻撃する。だからハブを攻撃することはない。攻撃手段はのしかかり以外にはない。でも番組中では主人公はなかなか勝てない。いわゆる体力バカなのである。

なお、ヘルメットの色によって初号機(黄)、弐号機(赤)、参号機(黒)が存在する(本当です)。ちなみに能力は全く同じである。

テーマソング[編集]

敵のくせしてテーマソングが存在する。そのタイトルは「天下無敵のゴーヤーマン☆」。なんとガレッジセールが歌っている(本当ですよ)。ただし、この曲は実は本編では一回も流れたことがなく(監督さんの気に入らなかったらしい。そもそもラスボスが天下無敵って・・・)、非常にマイナーで、NHKの「みんなのうた」でちょこっと流れたくらいである。知ってる人の方が珍しい。CDはとりあえず出ているが、売上は「Best Friend」とは比較にもならない。

関連[編集]


この項目「ゴーヤーマン」の執筆者が自身のユーモアセンスに絶望しているようです。なので今はまだクソの山です。より愉快にして下さる協力者を求めています。さぁ、これを見ている貴方(貴女)も、恥ずかしがらずに書き込んで見よう! (Portal:スタブ)