サナダムシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
酔っ払ったサナダムシ

サナダムシとは、何か長くてニョロニョロしている寄生虫の一種である。また、最近は麺類の一種としても人気がある。

基本知識[編集]

サナダムシは

ハリガネムシではない。
ミミズではない。
ロッズではない。
そうめんではない。
冷麦ではない。

産地[編集]

長野県上田市真田の特産品である。虫食い文化で知られる長野県のこと、4つに大別される地域それぞれに別々の虫食文化があり、上越市長野市など北信と、軽井沢町佐久市など東信の中間にある上田地域では、両方の食文化が共にみられる。

食材としての性質[編集]

90年代ごろから、サナダムシはダイエット用食品として見直された。通常は生食しないサナダムシを踊り食いした結果、体重が減ったという報告があり、以後、ダイエット目的で使用する芸能人が増加した。ただし、「ゆうこうじょうちゅう」という、いかにもダイエットに有効そうな種類は、になりやすくなるなど毒があるので絶対に食べてはならない。逆に、「むこうじょうちゅう」は無害でダイエットにも有効といわれる。

通常は食用には供されなかったが、おいしく食べてやせようとの都合のよい考えをもってサナダムシ料理大会が実施された、ここに、優勝した料理を掲載する。

踊り食い 
もっとも乙な味として見事優勝した、醤油に泳がせたサナダムシをそばでもすするように小粋にたべるのがお勧めである。
この料理法によって、サナダムシが麺類の一種であることが証明された。


もともと1万匹に一匹いるかいないかと言うほどの貴重な存在なので鮭の宝石とも言われ、一匹5万円はざらにする、近年もてはやされている鮭児よりもはるかに高価である、最近は都内の高級エステでのサナダムシ入りカプセルを飲むエステを実施しており、中には腹の中に飼っているサナダムシに「キヨミちゃん」だとか「タッキー」と名前を付ける者もいる。

中国産のダイエット食品は、甲状腺ホルモンバイアグラ、経口糖尿病薬等の混入など、その先進性と性能のばらつきで知られるが、こちらにもサナダムシが入っている製品があった。しかし、これが「ゆうこうじょうちゅう」であったことから死亡例を含む健康被害が続出し、製造販売が禁止されたが、なあに、かえって免疫力がつく。ただしロリ画像と違って個人輸入や所持は認められている。At your own risk.

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サナダムシ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本列島条虫」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本海東海裂頭条虫」の項目を執筆しています。