サムライ8 八丸伝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サムライ8 八丸伝」の項目を執筆しています。

サムライ8 八丸伝(-えいと はちまるでん)とは、「漫画と読者の関係は、目に見える形だけではない」と世に示したSF冒険活劇である。

概要[編集]

サムライ8は原作や設定構築の大部分をNARUTOで知られる岸本斉史が担い、作画のみ元アシスタントの大久保彰が受け持つというコンビスタイルで執筆されており、NARUTO連載時とは異なり編集部主導ではない。これはNARUTOが早期からヒット街道を邁進し続けた為週刊少年ジャンプ編集部としては異例となる、読者アンケートよりもメディア化や海外展開を意識した製作が行われていた事が岸本にとっては不満であり[1]、作家主導で「メディアミックス前提ではない、単体の漫画として面白いもの」を理想としたのである。

その反響は非常に大きく、雑誌『ダ・ヴィンチ』の記者は第一話を「72ページの漫画とは思えない、二時間のハリウッド映画を観たようだ」と絶賛。また第12話で二度目の[2]巻頭カラーを取得しているが、これは週刊少年ジャンプ史上最速である[3]。編集部からも「NARUTOのノウハウを全て注ぎ込んだ」「確実にNARUTOを越える」と太鼓判を押され、その人気は先行して連載していた鬼滅の刃をも上回っていた[要出典]

連載の先へ[編集]

サムライ8は名前通り、前作がニンジャであったこともあってサムライをベースとしている。ここでいうサムライは所謂ではなく[4]、「人としての命を終え、生まれ変わったサイボーグ戦士」を指し、主人公八丸は生命維持装置を外せば数分で死亡しかねない程の超虚弱体質だったがハラキリの儀によってロッカーボールと呼ばれる謎の球体と融合しサムライへと転生を果す。そして彼は自由な身体を手にし、宇宙を駆ける大冒険へと旅立つのである。

そしてその冒険を極限まで盛り上げたのが、「敢えてシナリオ半ばで打ち切る」という理外の大サプライズだった。人が死によってサムライとなる事が第一話で語られたのは上に記した通りだが、サムライの死である「散体」もまた次へと続く大きな流れの一つであることが後に明らかになる。即ち散体したサムライは、宇宙を司る「不動明王」の一部となり共に世界を構成する存在となれるが、死を受け入れてしまえば単なるエネルギーとして消えてしまう。散体の先を知り、自らを保ち続けたサムライは「永遠の存在」になるのである。連載最終回で散体を受け入れ精神だけになった八丸は自身の「姫」であるアンに別れを告げるも、物語自体は完結しないままエンドロールを迎える。

サムライ8の世界も打ち切りで消え失せたかに見えるが、しかし実際にはアクセス出来なくなっただけで、作品を愛する読者のなかでは終わることなく続いていくのである。サムライ8が本当に終わるとき、それは八丸たち登場人物たちと全ての読者が終了を受け入れ世界に幕を下ろすときだろう[5]。連載が続こうが終わろうが、メディアミックスしようがしまいが、愛されればそこには無限の可能性が広がっている。アンケートやコミックス売り上げなど些細な事では作品の価値を計ることは出来ない、それこそ愛に優劣など無い。愛こそ全て、それが本作のテーマである。

脚注[編集]

  1. ^ いわゆる「作画屋」扱いで、シナリオ構築等は編集部が殆ど行っていた。これは90年代の幽遊白書でも同様で、中期以降は編集者が書いてくるシナリオをただ絵にするばかりだったそうであり、連載終了後の暴露同人誌やレベルE連載時の特集ページに「編集者→原作者を兼ねることも多い」などと嫌みを書き残している。
  2. ^ 新連載一回目は余程の事がない限り必ず巻頭カラーになるのがジャンプの伝統であり、あの私立ポセイドン学園高等部わっしょい!わじマニアでさえ一話は巻頭カラー。
  3. ^ その後逃げ上手の若君が17話、アオのハコが13話で取得しているが2021年9月現在サムライ8を越えた連載作品は存在しない。
  4. ^ NARUTOのニンジャも、チャクラパワーで戦うサイキックファイターであり忍者ではなかった。
  5. ^ この理論は仮面ライダージオウでも取り入れられており、平成の申し子であるオーマジオウはファイナルステージで自らの絶対不死能力を「現実世界も含めて、すべての記憶や記録から平成という時代が消滅しない限り滅びることがない」と定義した。

関連項目[編集]

書きかけだ 記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「サムライ8 八丸伝」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)