サラダ油

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サラダ油」の項目を執筆しています。

サラダ油(-あぶら、-ゆ 英:salad oil)とは、サラダからとった食用油のこと。

概要[編集]

大豆油やゴマ油、コーン油のように、一般的に液体の食用油は植物を絞った抽出物を精製したものである。サラダ油もこれらと同様、サラダを絞ることによって抽出した油を精製したものである。

一般的な作り方[編集]

  1. 土地を買う
  2. 土地を耕す
  3. 野菜の種をまく
  4. 水や肥料、必要によって農薬をまく
  5. 野菜を収穫する
  6. 収穫した野菜を水洗いし、水を切る
  7. 食べやすい大きさに切るかちぎるかし、好みのドレッシングであえる
  8. 圧搾機に入れてしぼる
  9. 不純物をこしとる。
  10. できあがり。

サラダの種類によっては、6.と7.の間で加熱調理(ゆでる、蒸すなど)が必要な場合もある。

ドレッシングについて[編集]

一般的にドレッシングはサラダ油を含むことが多い。この場合のドレッシングに含まれるサラダ油は、味噌醤油を作る際の麹と同じようなものだと考えればよいだろう。ドレッシングの風味によってできあがるサラダ油の風味が左右されるので、できるだけよいドレッシングを選ぶとよい。

用途[編集]

サラダ味」と銘打った煎餅クラッカーポテトチップスなどに用いる。本来ならば「サラダ油味」と称するべきところであるが、「さらだあぶらあじ」だと冗長であり、「さらだゆあじ」だと「サラダ湯味」と誤解される可能性があるために、「油」を抜いて呼ぶことが慣例となっている。

ちなみに、うまい棒のサラダ味はドレッシング味になっている、なぜかは神のみぞ知る。

また、海の鶏を漬けるのにも用いられる。これに用いるのは、ツナサラダを絞ったサラダ油が一番適しているのは言うまでもない。

関連項目[編集]

Imgb4da957b62oe8w.jpg サラダ油は、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)