シェアウェア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情新鮮なユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

シェアウェア(Sharewear)とは、試着ができるが、気に入って使いたくなった場合代金を払わなくなければいけない衣類のことである。気に入らなければ返品しなければならない。

最近、不正な取引をして、不正にただで使い続ける悪い人もいる。

概要[編集]

一般に公開されているウェアの中では特異な地位を占めている。カタログ通販のセシールのように無料で簡単に返品が出来る事で、とりあえず使って見る人は多い反面、通信販売員による詐欺に近い販売戦略を用いても返品されれば売り上げにはならない。これは、信頼を勝ち得るための有料ソフトウェアに対するアンチテーゼであるとも言えないだろうか。

様々な理由[編集]

それ以外にも、シェアウェアとして公開するには様々な理由があるが・・・・・・か。

  • パッケージイラストを頼んだりする中間マージンを省く。
  • 気に入って長く利用するのなら、等価交換として対価を払うのが世界の理。
  • 出家はしなくてもいいが寄進はして欲しい。

機能制限[編集]

しかしながら、何の制約も無く完品は手に入らない。それが機能制限である。

  • 一部:(袖が無い、襟が付いて無い、全体に穴が開いている(フーゴ)、など)
  • 期間:(タンスにしまって置くと奇怪な虫(タンスにゴンが効かない)の侵食が始まり、5日後には朽ちて消えてしまう)
  • 回数:(着るごとに色落ちしてしまい、10回着ると透明(シースルー)になってしまう。透明(全裸)でもよければ問題は無いが)

有名なシェアウェア[編集]

  • Wikipedia(ウィキペディア):寄付と言う名のシェア代金が請求されている。フリーな百科事典と言いつつも現実的にはサーバーの維持にはお金がかかるのは当たり前であり、誰でも少し考えれば分かる事である。問題なのは、その「看板に偽りアリ」の構造であり、シェアな百科事典が正しい。しかし、かく言うこのアンサイクロペディアも似たようなものなので、皆でうやうやしくひざまづいて感謝しつつ利用しよう。
  • Metasequoia(メタセコイア):杉の木の一種であるアケボノスギの繊維を用いて作ったウェアが有名である。フリーウェア版とシェアウェア版の両方が容易に入手可能であり、ユーザーフレンドリーな着付けである事も相まって非常に人気が高い。3Dモデルにより自分でデザインすることができるため、セクシーな服のデザインやロボットのように機械的なデザインを行うマニアも多い。
  • WinGroove(ウィングルーヴ):機能的なストリート/クラブ系ブランドライン。世は小室哲哉全盛期。iPodなど無かった当時、非力な人間が簡単にウォークマンを持ち運べるようポケットの縫製がよく工夫され、手軽に音楽が聴けるようにした逸品として評価が高かった。しかし試着着を着回しておりこれは不衛生になりがちであった。さらに試着着と新品を混ぜて管理していたため、試着した客のみならず、多数の買い換えた顧客がウイルス病に発症するという事件が発生。不手際を非難されて廃業した。

関連ウェア[編集]

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
シェアウェアの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)