シスター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
渡辺さん
渡辺「あれれぇ~、ここでは宗教的な意味合いでのシスターを紹介しているよぉ~?
萌え属性については……」
佐藤「はい……これ、姉妹……」
渡辺「あれれぇ? どうして佐藤さんが姉妹のページを知ってるのぉ〜? でもありがとぉ〜!」
佐藤「……(かわいい///)」
Wikipedia
ウィキペディアではこの項目「シスター」は曖昧さ回避になっています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「シスター」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「シスター」の記事を執筆しています。

シスターとは、キリスト教圏における性欲発散担当官である。

概要[編集]

一般的なシスターさん。このような懺悔を受け止めるのが主なお仕事。

古今の宗教において、殆どの場合は禁欲が励行される。しかし性欲そのものを否定することは即ち「生」そのものへの否定へと繋がってしまうため[要出典]、適度なガス抜きや教義の曲解が求められてきた。

例えば新興宗教では統一協会が「快楽を感じてはいけないが子作りはしてOK」として恋愛感情を持たず上からのカップリングによって行う子作りセックスを許可している。また古参宗教の仏教では「生きている限り肉体の不浄からは逃れられない」として、セックス自体は否定せず「愛すれば別れの苦しみを味わうことになる」と警告するだけに留めている[1]

そのような宗教的価値観の中における性欲発散手段は多岐に渡るが、キリスト教圏におけるその担当がシスターである。シスターは「修道女」とも呼ばれ、専用の育成機関である修道院で育つ。ここは男子禁制になっており、グランマと呼ばれる大母親が管理することが通例である。ここで二次性徴を迎えるまで育ったシスターは、各地の教会へ送られ平時は神父のサポートを行い性欲処理を求められればそれに応じる。キリスト教圏においてシスターは憧れの象徴であり、欧米のポルノグラフィティではシスターを扱ったものが非常に多い。また性欲処理の過程で妊娠した場合、男子の場合は教会の跡取りにし女子の場合は修道院へと送られる。

シスターの行動[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シスターの行動」の項目を執筆しています。

シスターの一番の役割は性欲処理及びその前段階となる性教育だが、それ以外にも雑用は基本的にすべてこなす必要がある。地域への奉仕活動個別訪問などもその中に含まれる。また、必要とあらば悪漢相手の大立ち回りも行うという万能職業である。

これは日本において神社仏閣が地域の交流所となっているのと同じで、宗教的な立場の人間が周囲にとって大切な守護者であることを示す好例となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 開祖の仏陀自身、嫁も子もいるのである。まぁ彼自身は白象が母の身体に入ったことで発生し脇の下から生まれているので、マトモな生命体かは不明だが。

関連項目[編集]