ショタ (性物)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「ショタ (性物)」は何故か「ショタ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ショタとは、主に思春期前後の、少年特有のボーイッシュな顔立ちとスレンダーな脚をしていて、 かつ仕草や言動があどけなく大多数の人間の食欲(性的な意味で)をみだらに刺激し、 時として世界の状況を一変させるほどの何とも言えない味わいをもつ少年のことである。 このページではショタを性物学的観点から、つまり普段無邪気に過ごしているショタの知られざるエロティックな側面に焦点を当てたい。 神聖かつ絶対的存在のショタについてくだらない文章を載せているどこぞのページとは違い、 ここではあくまで"学術的に"ショタについて述べる。

歴史と概要[編集]

少年、つまりショタについては古代から知的研究の対象とされてきた。その発祥はかなり古く、記録によれば人間やその祖先はもちろんのこと微生物社会の間でも少年愛が栄えていたという。ショタという用語をはじめて用いたのは1981年、ボーイランド共和国(後の日本である)出身のショタ研究における第一人者であるあなた教授である。ショタという名前の由来はあなた性奴隷彼氏である、しょうたくん(12歳♂)から。[1]

彼が学会において言い放った「私は世界を救えるただ一つの存在を知った。それはショタである。」という言葉は大きな波紋を呼んだ。それまでは少年というのはクソガキやんちゃで手が焼ける存在であるとしか認識されていなかったため、ショタの真価というものを多くの研究者ないし専門家、さらには一般人に気づかせたという点において、彼は大きな功績を収めたと言わざるを得ない。 彼は余暇に薄い本を読みながら、ショタに関する明確な定義と説明のために完璧な定理を考案したが、「この定理に関して、私は真に驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる。」と書き残したのみでそのまま(いろんな意味で)イってしまったので、今もなおショタ研究者の中にはそれを証明しようと試みる者たちが多い。 なお、彼の名前をもじって、ショタに魅了された者のことをショタコンと呼ぶことがある。現在判明しているショタコンの数は27,130人。偶然にもアンサイクロペディアの登録ユーザー数と同数であるが、実際はこれ以上いると思われる。 ちなみに本項ではショタコン=紳士として扱っているが、もちろん学校で生徒にキスをするお仕事の方や、オトナの教育を教えようという意気のある方や、性欲盛んな淑女の方も含まれるので、その都度置き換えていただきたい。 また詳しくは後述するが、ショタは男の娘などという誰得な存在まあ……なんだ、その……アレな存在とはまったくもって異なるので、もしも混同しようものなら、品行方正な紳士たちを敵に回しかねない。そうなったら日本、いや世界中でナントカ運動がさかんになり、我々人類の歴史は終わりを告げることとなるであろう。(真面目な話、本当に空気が悪くなるので区別は絶対につけるべき。)

ちなみに、ショタとその他下賤の者どもとの区別がつかないとか、産業で教えろとすぐに回答を知りたがる白子みてえなクソったれな脳みそしか持ち合わせていないあなたがもし仮にいるとして、あえて簡潔にわかりやすく説明するとすれば、ショタとは「10〜14歳くらいの男の子」で、かつ「男の子特有のかっこよさ」と「かわいらしさ」を三拍子兼ね備えた絶対的存在のことである。二つ目のことに関して一応補足をすると、顔を一目見てショタコンもロリコンもノーマルな方もアブノーマルな方もその子が男の子だと判断できるが、そうだと知った上でもかわいい顔かたちをしていると認識できる、ということである。逆に言うと、女にチンポ付けただけの存在などショタとは呼べない、ということでもある。現在のメイクアップ技術や外科手術を用いれば誰でも女になりきることはできることはTVやネットを通じて殆どの国民が実感していると思われる。だがショタ独特のエロスやかわいらしさはごく一握りの限られた男の子にしか与えられないという事実は案外知られていないのが実情である。日々ショタ画像を探すので忙しいショタコンが、一日20時間しかないというコアラの睡眠時間並のわずかな暇を、わざわざこのために割いて高校数学の教科書並にわかりやすく説明したのだから、まさかこれでもわからないということはないだろう。

もし道端で外国人にばったり遭遇し、”Excuse me, what is shota?”と聞かれたらぜひ上記のことを教えてあげよう。そうすれば日本はショタ天国だと勝手に思い込まれて観光客が増え、たちまち日本経済が潤い、例の偉大なるショタコンの機嫌も良くなって領土問題も一気に解決するだろう。冒頭に「時として世界の状況を一変させる」と書いたのはつまりこういうことである。

なお、近頃男なのか女なのか一見してわかりにくい少年が見られることがあるが、2013年の某掲示板にて開かれたショタコン会議においては意見が二分しており、一時的な妥協案として、男の子なのか女子なのか曖昧な、ショタっぽいけどちょっとどうなんだろうというやんごとなきお方は、そっとしておくべきということでこの議論には終止符を打たれた。我々のショタがペドや男の娘、ましてやロリなどといったものとは明示的に違うことは、誰の目にも明らかであるが、にもかかわらず面倒臭い争いや討論を避けたいが為に「かわいいは正義」の法則を適用し、彼らやんごとなきお方をショタに含める者がいる。これは結果としてショタに関する曖昧な定義を許すことになってしまい、今日では国際問題化している。ショタとそうでないものの区別がつかないバカかわいそうな人のせいで掲示板上のショタ系スレッドや某苦笑動画サイトには何とも形容しがたい空気が充満しており、このような人たちの早急な粛清が求められている。こうなってしまったのも、元はといえば我々彼らショタコンたちが鳥頭の連中を野放しにしたままでその対処を面倒臭がってしまったからであり、なんでも一緒くたにしようとする薄っぺらい思考回路しか持ち合わせていない連中の自由にさせるとロクなことにならない、といういい例になったことは記憶に新しいと言える。

定義[編集]

ショタにおける定義は大きく分けて108個に分類することができる。

年齢[編集]

多くの場合、第二次性徴を迎える時期からある程度成長しきるまでの、10歳前後から14歳前後がショタの年齢として相応しいとされる。 前述のあなた教授はこれに関して「適正ショタ範囲表」およびそれに準じた「二次・三次ショタ関数」を作成、12歳をもっとも魅力的になる値(ショ端)と定めた。ちなみに、かつては関数のグラフがおにんにんの形に見えなくもなかったそうだが、現代人の我々にはそんな不純な考えなど毛頭ないので全く関係ないことである。このように年齢の定義はあるが、第二次性徴および思春期の期間に個人差があることや、成長の度合いも異なることから数学的な定義は難しいとされる。

ShotaFigure1.jpg

容姿[編集]

ショタの容姿は、多くの場合次の3つの条件を満たしている。ちなみに本項では通常の人間のショタを対象としているため、それ以外のショタに関しては、一部を除いて当てはまらないことがある。

  • 体のパーツが全体的にやや細めで、無毛ないしそれにきわめて近いこと
  • 男の子特有のかっこよさとかわいらしさを兼ね備えていること
  • 理想身長(1hyde前後)を満たしていること
  • すりすりしたくなるほっぺたであること
  • 撫でたくなる髪の毛であること(撫でるため)
  • 耳たぶの触感がやわらかいこと(食べるため)
  • くちびるがいい感じであること(食べるため)
  • 足や指先の裏が清潔であること(舐めるため)
  • 乳首に毒が塗られていないこと(舐めるため)
  • おにんにんからとろけるような甘い香りがすること
  • おかずとして食べられること

以上の条件を満たせばショタとして正式に認められる。

ショタのおにんにん[編集]

例えば今から大好きなショタと大人の保健体育の授業をするとしよう。しかしそのショタのイチモツがモンスター級に立派だと、さすがのショタコンも No thank you である。したがってショタのバナナ、つまり検閲により削除の形も国際ショタ標準化機構(ISSO)にて規格が定められており、「長さ12cm、直径3cm、皮からちょっとお顔を覗かせるくらいの包茎くん」となっている。

また、おちんぽミルクの量も重要である。純粋で無垢なショタとは言えどもiの結合には精力と精力、さらには精力まで必要とされるため、第2ラウンドおよび第3ラウンドまで子作りが継続される場合には特に重要視されるパラメーターである。その他ショタのおにんにんにまつわることとしては、回数を重ねるごとにより強い快感を求めるようになるため、おにんにんおよび下のお口の感度も考慮したいものである。

ショタみるくとその他項目の量的関係[2]
  大さじ一杯 大さじ二杯 大さじ三杯 大さじ四杯〜
補充必要日数 半日〜3日 4日〜6日 一週間以上
必要感度(※1) Level 1 Level 2 Level 3
継続可能ラウンド数(※2) 1 3 5 7
ISSO規定ランク Cool Better Awesome Shota!

(※1:LV1は性感帯単体での責め。LV2は2つ以上を責める。LV3は3箇所以上かつ媚薬を使用。LV4はまだ発見されていない。)
(※2:回数を重ねるごとに射精される液量が少なくなる上、体力との関係もあるためあくまで参考値)

ショタの[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

性物学上の分類[編集]

一口にショタといっても、その外見、性格や行動パターンなどによってさまざまである。したがって性物学ではそれらをもとに細かく分類され、異世界ショタコン同士の争いをあらかじめ防ぐことができている。さらに世界ショタ機関(WSO)はショタの可愛らしさを数値化、興奮度(ExcitingPoint)と名付け、特定の条件下でそれが増減することを発見。多くの場合そのキーとなるのは何かしらのアイテムであることが判明している(一部例外あり)。

  • 性格によるショタの分類
    • やんちゃショタ属:積極的で活発。ショタのなかでもっともショタらしいといえばそうであるため、オーソドックスである。また、やんちゃショタのみアイテムのバンソウコウを装着することでEPが二倍になる。やんちゃショタのほとんどは何かしらのスポーツをやっていることが多く、その中でもバスケやサッカーなどのボーイッシュなスポーツは脇チラやパンチラが期待できるので純粋に人気があるので世のショタコンたちにはよく好まれ話題にされる。
    • おとなショタ属:大人のショタ(?)という意味ではなく、大人しいショタのこと。おとなしいショタ、おとなしぃょた、おとなショタ。これでも執筆者は一所懸命、一日じゅうぐうたらと考えたんです。そんな私の気持ちをわかってください。別名内気ショタ。どこかミステリアスな雰囲気を纏っていたり、思わず守りたくなるくらいか弱い様子であるため、大抵のショタコン(自覚がないタイプ)はこの子に影響されていることが多い。アイテムはパーカー。冬にはセーターを着せるのもいい。なお他のショタにはない例として、おとなショタ属のみ「僕……男の子だよ?それでもいいの?」が発動されるとEPが大幅に上昇。これは頼り甲斐のあるお兄ちゃん気質の同性に恋愛関係を持ち込まれた際、ショタ自身が自分は異性でないことを確認しつつ、それでもいいのかと、一線を越えてもいいのかと尋ねている。このセリフが発動された場合、相手はすぐさまそれを承諾することでショタと愛を育むことができる。
  • 求愛行動に関する分類
    • ツンデレショタ亜属:周りに人がいるところではこれでもかというくらい冷たく当たるが、二人っきりになるとこれまた食べちゃいたいくらいくらいデレデレするショタ。そのギャップのあまりの可愛らしさに密かなファンも多い。本当は好きなのだが、それを上手く伝えることもできず、結果としてアンビバレントな振る舞いになってしまうその姿は傍から見るとまさにショタの「名器」であると言えよう。アイテムは携帯電話。普段は携帯電話開発者の気持ちを無視してこれで殴りかかってくることが常であるが、夜、ツンデレショタが布団にくるまって携帯電話で何をしているのかは決して見てはいけない。
    • デレデレショタ亜属:周りに誰か居ようが居まいが構わずデレデレしちゃうショタ。しょっぱなからデレデレしておりEPが限界値に近いため、デレデレショタに限りEPを増加させるアイテムはない。あえて言うなら「セルフサービス」でお好きなつけあわせが可能ということである。ショタコンにとってはまさに天使のような存在であるが、たまには周りの視線も気にしてみよう。きっとヤンデレショタが放つ負のオーラに気づけるはずだ。
    • ヤンデレショタ亜属:ひとたび誰かを好きになったら地の果て海の果てまで追いかけてくるタイプ。どんな手段を使ってでも好きになった人を独り占めしようとするから覚悟が必要である。自分以外の誰かと抱き合おうものなら、最悪抱いたショタ共々自分が殺されかねない。いわゆる「メンヘラ」であるが、ショタに限ると二次・三次問わずあまり見かけることはないのでご安心を。というかそもそもショタとそういう関係になること自体が非常に難しいので安心というよりはむしろ寂しい。アイテムは包丁。切れ味がいいほどEPは倍増するが、人生のスリルも増す。俺の人生には刺激が足りねえ!と思っているあなたに。
    • 淫乱ショタ亜属:もうとにかくえっちなことしか考えていないという、ショタコン顔負けの変態くん。こちらがテクニックを教えるつもりが、いつの間にか教えられる立場に逆転していた、なんてことも。意外なことにおとなショタやツンデレショタがこの素質も備えていることがある。アイテムはもちろんおとなのオモチャ
    • ブラコンショタ亜属:とにかくお兄ちゃんのことが大好きなショタ。ショタコンの紳士諸君は自分の愛するショタに、自分のことを「お兄ちゃん大好き♪」と呼んでもらうのが生涯の夢であるから、もしこのページをショタな君が読んでいるのなら是非そうしてあげよう。ちなみにブラコンショタはショタ旅行のおみやげの定番である。[3]ちなみにブラコンショタの近くにお兄ちゃんの写真を置いておいてあげるとEPが増加するが、この場合興奮するのはショタ自身である。
    • 厨二ショタ亜属:くっ……俺の右腕が疼くぜっ……!なショタのこと。黄昏(エンド・オブ・グローリアス)の望める教室(バトルプレイス)の一角にある窓(ウェイク・オブ・ウィンド)で一人佇んでいることが多い。得意教科は美術と哲学と数学で、彼が授業で実際に何をしているのかはお察し下さい。得意技は絶対零度(エターナルフォースブリザード)。本来は相手を瞬間的に凍結させ、死に至らしめるという恐ろしい技であるが、相手がもし紳士である場合、凍るどころかむしろヒートアップしてしまう可能性もあり、使い所には注意が必要である。
  • 種族によるショタの分類
    • ヒトショタ種:人間の男の子で、もっともポピュラーかつグローバルスタンダードなショタ。そのあまりの普遍性から単にショタと呼ぶ場合このヒトショタ種のことを指すのが今日の常識である。ショタという言葉の故郷である日本では、さらに「和ショタ」と「洋ショタ」に分かれる。前者は日本人に馴染み深いということとショタの中でも屈指の可愛らしさとエロスを兼ね備えているため「今晩のおかず」に選出されることが多い。また、和服を着せるとエロス・プレイのしやすさ・かっこよさという観点から大変素晴らしくなるのでぜひ着せたいところである。後者の洋ショタはどちらかというとジャパニーズショタコンにとっては芸術作品のような印象を受けるため、おかずとしては扱われにくい傾向がある。ヒトショタはショタコンの好みに応じてさまざまなコスチュームプレイをすることがある。女装、獣耳、水着や裸エプロンといったオーソドックスなものから、どうみても個人のシュミとしか思えないプレイまで幅広くサポートする。
    • ケモショタ種:人間ではない動物の男の子。大抵は犬や猫、鳥や龍といった人間に馴染みのある動物がモチーフとなることが多い。ヒトショタがたまに獣耳やしっぽをつけることがあるが、それはあくまでコスチュームチェンジというものであり、ケモショタに分類されるわけではない。しかしケモショタの大きな特徴である「体毛」と「手」が完全に獣のそれと認められるのであればケモショタに分類される。最初の項目で述べたように、これもきちんと区別をつけなければ不毛な争いに発展する危険性がある。
    • モノショタ種:もはや生き物ですらない男の子。その特殊性からモノショタを見かけることはあまりないが、ショタコンというよりも純真なこころを持ったショタ自身が、モノに対する思いやりや心遣いといった感情から生まれることが多いのではないかとショタショタ超会議では推測されている。したがってモノショタは厳密には「性物」ではないのだがなぜかここのページには存在している。実に謎である。なお、ぬいぐるみのショタやフィギュアのショタに恋するのはただ単に重度のショタコンであるに過ぎないので、我々……もとい彼らショタコンが純真かと聞かれると少し疑問であり、こういうケースは性物カテゴリに属すると言ってよいだろう。

ショタに関する考察[編集]

世のショタコン間にはおちんちんランドなる幻の楽園の存在が語られることがある。過去に実在していたと噂されてはいるが、残念なことに当時のショタ画像やショタビデオ、ショタSSなどが紛失しているため詳細は一切不明である。最近までひょっとしたら天国のことではないかと議論されてきたが、男娼や少年愛が盛んだった江戸時代の日本のことだという妄想新説が唱えられるなど、新しい展開を見せている。

脚注[編集]

  1. ^ 教授自身のブログ:「しょうたきゅんのえろえろ日記☆」による
  2. ^ 日本少年研究委員会発行、「ショタの精力調査結果報告書」による。
  3. ^ 2048年、ワールド少年ジャーニー社調べ

関連項目[編集]