ショーツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

半保護

このショーツのぺーじは、いっぱい いたずらされちゃったので、
すうじのなまえのこいちねんせいのこは へんこうできないことに なってます。

ちゃんとなまえがついて おおきくなったら へんこうできるようになるよ。

どうして こうなっちゃったかは、のーとここをみれば わかるかもしれないよ。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ショーツ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ショーツ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ショーツ」の記事を執筆しています。

ショーツとは、本来丈の短いズボンを指す英単語。しかし日本では「性欲を喚起する女性向け下着」の意味で使われる日本語の単語であり、本稿ではそちらを扱う。

概要

こういうシンプルなスタイルの下着も、視覚効果を重視し興奮を誘うデザインであるとしてショーツと呼ばれる。

ショーツはパンツと明確に区別されるわけではなく、形状や色合い・着用者の容姿なども考慮にいれてカテゴライズされる事が多い。そもそも女性向け下着はどんなものでも性欲を喚起するので、スキャンティも紐パンも見せパンも基本的にショーツと呼んでも問題はない。デザインも多岐に渡り、見せるだけでなく敢えて脱がさせたり被らせたりするなど様々なタイプが存在している。

ランジェリーメーカーによっては、ジュニアショーツやサニタリィショーツ[1]など「性欲喚起以外の目的を持つショーツ」を販売している場合もある。とはいえ、そういった用途指定下着に興奮する男性も多い為、これらをショーツと呼ぶのも間違いではない。

歴史

日本における女性下着という意味でのショーツという単語が成立するのは、明治時代に入って西洋文化が流入してからとされているがこれは誤りである。江戸時代の文献には既に「岡場所の遊女が身に付ける下着」として「緒吊[2]」というものが登場しており、これは当時使われていた腰巻き型の下着ではなく陰部にぴったりと密着する、今でいうパンティに近いものだったとされる。岡場所とは公式遊里である吉原等とは異なり、セックスだけを目的とした非合法の遊び場だったのだが、彼女らはきらびやかな吉原の見世とは異なり夜の闇の中を商売の場としていたため[3]、酔客や無粋な輩にロハで犯される危険性があった。それを防ぐ為、陰部を全て覆い隠し脱がせにくい下着が求められたのである[4]

明治以降に西洋文化が尊ばれるようになると、「頭がクラクラするほど刺激的」[5]として英語の「ショート(=感電する)」に引っ掻けてカタカナ語の「ショーツ」という表記が一般的となる。戦中の敵性語追放キャンペーンによって一時期使われなくなったものの、近代になってパンツという単語がズボンを指すようになると、用途を問わず下着を示す単語として再び広く使われるようになった。これは厳密な意味では誤用であるが、上で述べた通り女性向け下着はどんなものでも性欲を喚起する為、問題視されにくい。

脚注

  1. ^ 生理用品を併用する前提の下着。また汚れやすい為防汚加工する事が多い。
  2. ^ しょつり。足の指に当たる鼻緒のような布地が使われ、上から吊り下げているかのようにぴったりと密着する様から名付けられたと「当世遊女目録」に記述されている。
  3. ^ それ故に「夜鷹」と呼ばれていた。
  4. ^ 腰巻き型の場合、組み倒された時点で挿入可能になる。
  5. ^ また当時はハイカラなもの/新しいものに電気をイメージさせる単語を付けるのが流行しており、電気や電化製品と関係なくても「電気ブラン」「ラジオ焼き」などと名付けられた物は数多い。

関連項目


Dish.png このショーツは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)