スイーツ(笑) (スイーツ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: スイーツ(笑)

スイーツとしてのスイーツ(笑)(すいーつかっこわらい、: Sucreries que à Queau Waraïs)とは、世界最高峰のパティシエであるピエール・エルメが年に4回創作している一連のスイーツであるそうだ。 日本限定のスイーツとして青山にある自身のブティックただ一店で発売が開始され、現在でも青山(三重県)のみで販売中であるらしい。

概要[編集]

2007年3月、青山ブティックが開店3周年を迎えたことを記念して初めて創作されたそうだ。パティセリー・ド・フランスの伝統的なメソッドに囚われず、日本女性の嗜好や好みを最大限尊重して作られたものであるらしい。また、季節ごとに全く新しいスイーツを一から創作し直し、またそれぞれに二つ名を命名することでその時々のの食材や最先端の流行を取り入れていると聞く。このことが飽きられることなく今日に至るまで日本女性たちの目を楽しませ、舌を唸らせ続けていると言われている

名前の由来[編集]

ケオさんが「ワラウ」スイーツという意味らしい。ケオとはどんな人だろう? には日本で迷うオランダ人のように思えるが。

これまで発表された作品[編集]

ド田舎に住んでいるので発表時期と古い情報しか分からない。スイーツに目がない東京在住のアンサイクロペディアンによる加筆が切に望まれる所である。なお各スイーツに添付されるカードにある記述がクリエイティブコモンズライセンスの下にあるものであるためこちらもそのまま転載したい。

2007年[編集]

3月
Deuxième Nom: Éclipse Lunaire(エクリプス・ルネール)
32個のブルーベリーを間隙に挟んだチョコレートケーキである。
月食とは、気違いの象徴である太陽が隠し、月の弱めて人々を魔の手から救うこと。
太陽はその代償として光を失い、贖罪を一身に受け希望を与えるイエス・キリストのよう。
同時に青は冷淡を想起させ、月食を終えた後迫り来る不吉な出来事を予感させます。
また32という数が、気違いによって蹂躙されることも暗示しています。
6月
Deuxième Nom: Explosion D'atlantis(エクスプロション・ダトランティ)
一粒のマスカットを載せ、頂上からカシスソースが流されたチーズケーキである。
大西洋爆発をテーマとした本作は、無垢に隠されるさまを表現したものです。
朱に交われば赤くなる―しかしこのマスカットそのものが赤くなるわけではありません
赤が示すものは、2つの意味において爆発の炎であり、かつアカそのものであります。
一方、マスカットはこの水の星そこに住む私たち、そして何よりも清らかに育ち、この世の醜さを知らない貴公子を意味しています。
9月
Deuxième Nom: Soyez Affligé de Sud et Nuages Menaçants de L'est(ソワイエ・アフリジェ・ド・ス・デ・ヌアジェ・メナサン・ド・レ)
ドリアンペーストを豆乳生クリームカスタードクリームにそれぞれ含ませ、カスタードクリームをシューに入れ、豆乳生クリームシューを包む。上に冷暖房を完備したハウス栽培によるとちおとめイチゴと青いバナナをデコレーションしたシュークリームである。
意味するものは、南からの嘆きと東からの暗雲。
南、それは二つ―牛を食べない者卵もミルクも平気で食べる者取り囲むこと。それと、牛を食べる者が入る空間の秩序が隙間から流れ出すこと。
東、これも二つ―盗みを想起させるあの出来事。そして、何者かの保護にある。しかしまだあちらのような事実は分かりません
12月
Deuxième Nom: La Mode de la Mer de Paix(ラ・モド・ド・ラ・メル・ド・ペ)
スターフルーツを輪切りにして13パートに切ったものと、ラズベリーブルーベリー三個ずつを添えたプリン・ア・ラ・モードである。二個ずつをプリンの周りに、残り一個ずつをプリンの上に置く。皿にはラズベリーソースがたっぷりあしらわれている。
とその周りも自然。移ろいゆくのです。
13の星。これを巡って、赤と青が対立します。
あなたから右側には左側にも
周囲の燃え盛るような赤―ええ、プリンは国宝級の旨さです。そして、あとの1組はどこにあるのか―それは食べてからのお楽しみ。

2008年[編集]

3月
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
6月
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)