スズキ・GSX1300Rハヤブサ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スズキ・GSX1300Rハヤブサ」の項目を執筆しています。

スズキ・GSX1300Rハヤブサ(すずき・じーえすえっくすせんさんびゃくあーるはやぶさ)とは、スズキが1999年より繁殖させているメチャクチャ速いモーターサイクルハヤブサというの一種である。通称 速ブタ。

概要[編集]

1998年9月にドイツで開催された鳥類のショーにてスズキより繁殖予定を発表された鳥が、「GSX1300Rハヤブサ」である。当初は「あああああ」と言う名前にしようとしたが、長すぎる上に覚えづらかったので、なんとなく「ハヤブサ」になった。翌1999年、日本国外の鳥専門のペットショップで発売された。2007年からは改良型である2代目の繁殖が為されている。そして現在も世界最速のモーターサイクル鳥の座に君臨している。 また、スズ菌の頂点として、モーターサイクル業界から嫌煙されている。

特徴[編集]

「隼」模様
この鳥の胴体の両方に、「隼」という漢字の模様がある。
これは所有者はかっこいいと思っているらしいのだが、一般人からみると恥ずかしいだけかもしれない。
そのほかにも準や集などの模様がある固体が見つかっているが、絶滅危惧種である。
大型の心臓
心臓の形態は、水冷4ストローク並列4気筒DOHC16バルブである。その大きさは、初代は1299ccで、二代目は1340ccまで拡大された。
ハイスピードでの走行飛行
最高速度は初代が312km/hであるが、2001年以降に繁殖されたGSX1300Rハヤブサはすべて300km/hまでしか出せないように催眠術がかけられている。しかし、簡単に催眠術は解くことができる。2代目も300km/hまで、さらに2014年発売(後述)の日本国内向けの個体は180km/hまでしか出せないように催眠術をかけられているが、これも簡単に解ける。解いたら333,95km/hまで出る。日本の公道では出しちゃだめよ。

生態[編集]

  • 日本にて繁殖されて、アメリカやヨーロッパに出荷される。日本で最強の個体を手に入れる場合は、アメリカやヨーロッパから取り寄せることになる。寿命は同じサイズの他のモーターサイクル鳥と同様である。日本では、警察にばれるように100km/h以上で走行飛行させると法律違反になるので注意されたし。ドイツではアウトバーンの速度無制限区間で300km/h以上で走行飛行しているGSX1300Rハヤブサが多い。なお、2014年2月よりほぼそのままのスペックで日本国内での販売放鳥も開始された。流石変態のスズキである。

関連項目[編集]

ひよこ この項目「スズキ・GSX1300Rハヤブサ」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)