ストップ戦争法案

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
9条国旗.png
九条を守れ!
ヒロシマ・ナガサキの悪夢を繰り返すな!!!!!!!!!

ストップ戦争法案(すとっぷせんそうほうあん)とは、日本共産党民主党社会民主党日本社会党などが提唱する平和目的法案である。2016年度国会での成立を目指し法案の策定作業が行われている。

背景[編集]

そもそもは集団的自衛権の明文化を行った2015年の新安保法案に対する国民的批判[要出典]に起因し、集団自衛権に頼らない、徴兵制も行わない安全保障政策が求められたことに起因して法案の策定が開始された。

米国と同盟関係にある現状で、どっかのならず者国家[要出典]認定された国家が攻めてくるため日本も戦争参加を強制される、というのが現行法の問題点であり、その基準はユダヤ金融と米国資本が勝手に決めた[要出典]むかつくから戦争しよう、という内容である。

趣旨[編集]

日本の自衛隊は元来専守防衛を旨としており、侵略戦争を厳禁とする国際世論に沿う形で、侵略戦争ができちゃう装備や人員は全て米国に丸投げする体制になっていた。

ストップ戦争法(国際平和執行部隊法)は、積極的平和主義に基づき自衛隊を改組して、戦争を積極的に停止させる根拠法として制定される予定である。形式としては現在のPKO協力法を改正する手続きをとる。

詳細[編集]

国連は五大国一致原則のため軍備の全廃には踏み切れない制度欠陥があり、日本独自に平和強制のための軍事行動を開始する。

五大国軍を含め全世界の武装勢力を殲滅し武装解除を行ったのち、日本の武装も順次全廃する方針であるが、鳩山由紀夫元首相等は、全世界の軍隊を改組して地球連邦軍とする案を示しており、宇宙的レベルでの平和活動に対して各党内で議論が行われている。

関連項目[編集]