スーパーカミオカンデ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

スーパーカミオカンデ(すぅぱぁかみおかんで)とは、神岡鉱山から発掘された超古代兵器「カミオカンデ」を現代の科学技術を用いてパワーアップさせた重機動兵器。あまりにも危険な兵器のため、現在は鉱山跡に建設された地下秘密施設の奥深くにある巨大市民プールに水没させられている。後に見つかる古代日本の記述によれば超神お母(オカン)となっていた。

武装[編集]

  • フォトマルチプライヤー(PMT) - スーパーカミオカンデの主力兵器。スーパーカミオカンデの全身は11200本のPMTで覆われていおり、太陽光エネルギーを受けたPMTから放たれる電子ビームによって敵は一瞬にして爆発炎上、消滅する。

戦歴[編集]

宇宙怪獣ニュートリノ[編集]

神岡鉱山で超古代兵器カミオカンデを発掘した小柴教授は、そのロボットに刻まれた古代文字を解読し、カミオカンデは1万2千年前に地球にやって来た宇宙怪獣「ニュートリノ」に対抗すべく作られたレーザー兵器であることを知る。

さらに古代文字で刻まれた預言から、1万2千年の眠りから醒めたニュートリノがパワーアップして再び地球を侵略しにくることを知った小柴教授は、発掘したカミオカンデを現代の科学力で改造してニュートリノと戦うことを決意するのであった。

それから13年後、遂に姿を現した宇宙怪獣ニュートリノ。しかしその眼前には小柴教授自らが操るスーパーカミオカンデの姿があった。

今まさに、人類の存亡をかけた戦いが始まろうとしていた。

小柴 vs 田中 --史上最大のノーベル賞決戦--[編集]

カミオカンデの発見者でスーパーカミオカンデの建造者でもある小柴教授は、この巨大メカの存在を背景にノーベル財団を脅迫し、ノーベル物理学賞を受賞することとなった。しかし受賞会場には単なるサラリーマンであるはずの田中さんが、なぜかノーベル化学賞受賞者として出席していた。サラリーマン受賞者をまえに小柴教授への注目は瞬く間に失われていくのであった。

このような仕打ちに怒った小柴教授はスーパーカミオカンデで田中さんを襲撃する計画を立てて即座に実行に移した。しかし、田中さんの秘密兵器「ソフトレーザーイオン化砲」による超音波攻撃を受けて、スーパーカミオカンデはその主力兵器である11200本のフォトマルチプライヤーの大半を失い、制御不能となったスーパーカミオカンデは教授もろとも爆発炎上した。

埼玉」が「さいたま」になるほどの激しい爆発に巻き込まれた小柴教授は瀕死の重傷を負いながら何とか生還した。そして傷ついた自らの身体をサイボーグ化して世界初のサイボーグ教授となり、正真正銘のマッドサイエンティストとして復活を遂げる。そしてサイボーグとして生まれ変わった小柴教授は、史上最強のサラリーマン田中さんを倒すべくスーパーカミオカンデの再建にその全力を傾け、つい最近完全復活させた(らしいよ)。

関連項目[編集]

Alberteinsteintongue.jpg スーパーカミオカンデは執筆者が光速に近い速さで書いたため、ローレンツ収縮により短くなっていますもっとゆっくり書いてくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)