セタガヤライオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

セタガヤライオンあるいはトドロキライオン(学名:Panthera Leo Setagaii/英名:Tokyo Lion)は、東京都世田谷区南西部の一部に生息するライオンの亜種。ネコ科の動物の中で最も希少な種のひとつである。

分布と生態[編集]

世田谷区の等々力渓谷と上野毛自然公園にのみ生息する。環境省と世田谷区、世界野生生物保護基金の共同調査によると、2006年現在の個体数は36頭とされる。周りにはとなる草食動物がまったく生息しないため、毎日夕方になると近隣住民の家の軒先にたむろし、食べ物を与えられて生活している。野生動物としての貌を覗かせるのは、ごくたまに飼い犬を捕食するときのみである。かつては砧公園にも20~30頭ほどの個体群が生息していたが、餌付けしていた住民らに徐々に引き取られていき、野生では絶滅した。

固有の亜種[編集]

亜種が確認されたのは1990年代後半のことである。当初は、よこはま動物園ズーラシアか上野動物園から脱走したインドライオンが電車を乗り継いで世田谷まで辿り着いたものと推測されたが、その後、世田谷区内の地層や遺跡から相次いでライオンの化石が発見されたことから固有の亜種である可能性が濃厚となり、DNA鑑定でそれが確認された。

保護[編集]

セタガヤライオンは、東急大井町線の複々線化、あるいは等々力駅の地下化への反対運動のシンボルとなっている。反対派住民は、建設による生息環境の激変がライオンの絶滅を招くと主張しているが、生態系自体がもはや存在しない大井町線沿線において、なおかつ人間に餌付けされて暮らすライオンが、建設により蒙る影響は、ライオンに飼い犬を喰われた、あるいは自身や家族がライオンに喰われた世田谷区民よりも小さいとする動物学者もおり、東急電鉄はこの見解を支持している。


Wiki-globe.png この項目「セタガヤライオン」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)