セルフィッシュ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セルフィッシュ(英:selfish)は、キャラ目セルフィッシュ科に属する

概要[編集]

名前の「sel」は「自身」という意味の「self」から来ている。普段はあまり群れで行動せず、別種の魚について泳ぐ。稀に一緒に移動する所は見られるが、仲間割れなどをしてそう長くは続かないことが多い。巨大な魚に襲われて、仲間が食べられそうになっても無視してまず自分が逃げようとするのが特徴的である。ついて行く魚が今にも食べようとしている餌があれば、その途端トップスピードで泳いでその魚に体当たりするなどして横取りし、例え他の魚の卵があってもその縄張りが気に入れば蹴散らしてまで奪い取ろうとする。世界各地に分布するが、特にアメリカでは勝手に他の魚の餌や縄張りを横取りすると言う性質がある事で知られている魚。セルフィッシュがいなければ、そのは比較的穏やかだと言われている。ディズニーなどの魚の映画を見れば分かるように、セルフィッシュはどの魚からも嫌われているようである。

生態[編集]

セルフィッシュは一夫婦で平均一個から三個しかを産まない。他の魚類と比べれば、これは非常に少ない数である(参考:メダカは一度の産卵で10個)。しかし、大きさはメダカくらいであるので自然界で生存競争に勝つには非常に不利だと考えられる。そのせいか、メダカなどは生んだ後放置するが、セルフィッシュは哺乳類や鳥類と同じように親が子を育てるという性質を持つ。しかも親が過保護で非常に子を可愛がり、甘やかすのである。そのため子はこの世は自分の為にあると考え、他の魚の事を考えないのではないかと見られる。常識的に考えて、そんなちっぽけで小さな魚が世界の中心である訳が無いのに。大人になって…

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「セルフィッシュ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この項目「セルフィッシュ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)