セーマンドーマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セーマンドーマン」の項目を執筆しています。

セーマンドーマン(晴明道満)とは、伊勢国海女に伝わるお守りである。

概要[編集]

の中には魔物が多く棲んでおり[不要出典]、元来そこに存在する筈のない人間がやって来ると、好んで悪戯したり、時には食い殺してしまうと言われている。代表的なものではトモカズキ(鏡海人、ドッペルゲンガーの一種)やサンショウビラシ(山椒、体中を刺す妖怪)、シリコボシ(尻子干、海童の一種)やボーシン(抱蜃、船幽霊)、ヒキモーレン(曳藻霊、水死者の幽霊)やリュウグウノツカイ(竜宮歓迎)など、人懐っこい振舞いで油断させておいて、まんまとにかける狡猾な連中がうようよしている。

そこで、彼らの嫌う五芒星(セーマン)と井桁(ドーマン、九字紋)の紋章をあしらった小物(磯手拭や襦袢など)を着用することで身を守る知恵が生まれた。これがセーマンドーマンである。

語源[編集]

セーマンとは安倍晴明(あべ の せいめい)の訛りであり、五芒星(安倍晴明判紋、晴明桔梗)は陰陽道における五行()の和合を示している。また、ドーマンは蘆屋道満(あしや どうまん、安倍晴明とは好敵手であったとされる)の訛りであり、九字紋は陰陽道における天地の和合を表わすとされている。が、ドーマンは必ずしも九本線で書かれるとは限らない。これは単純に横着しているだけであり、その効き目に影響を及ぼすのかどうかについてはよくわかっていない。

意匠[編集]

捕らわれた魔物。

セーマンは一筆書きで書けることから「同じ場所へ、生きて帰って来ることが出来ますように」という願いが込められており、また、ドーマンはその網目に妖怪を絡めとったり、格子のから魔物を見張ったりすることが期待されている。

現代[編集]

その後科学万能と言われる現代においては、ウェットスーツの普及によってセーマンドーマンの風習は廃れてしまったと思いきや、人に心ある限りその間に魔は潜むものであり、セーマンドーマンは今日なお根強く支持されている筈である。こういう備えを鼻で笑うヤツに限って水死したりするものである。

余談[編集]

この項目名は「セーマンドーマン」であるが、この命名はあくまでも例によってあの石頭事典に倣ったものであり、実際のところは「ドーマンセーマン」でも構わない。結局どっちでもいい。なので、蘆屋道満ファンは怒らないでいただきたい。

関連項目[編集]