ゼロ・グラビティ (映画)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ゼロ・グラビティとは、原題から無用なゼロの文字を取り付けられた映画である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゼロ・グラビティ (映画)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ゼロ・グラビティは2013年アルフォンソ・キュアロンが撮影した映画であり、原題は『Gravity』とゼロはついていなかった。映画のストーリーとしてはハッブル宇宙望遠鏡を修理していたらスペースデブリが衝突して宇宙に投げ出されるという至ってシンプルなものである。ストーリーを読みたければウィキペディアを読むべきだが、あまりにもウィキペディアが酷すぎるので後述する。

評価[編集]

基本的にこの映画に対する評価は二種類あり、ストーリーと映像美の評価に分かれている。ジェームズ・キャメロンは「史上最高のスペース・エンターテイメント」などと意味不明な事を言っているが、中身は要するにあまり腕の宜しくない宇宙飛行士が宇宙でパニックになる話である。これが史上最高のスペース・エンターテイメントなら他の作品は一体どれだけ高い評価なのやら、アルマゲドン惑星ソラリスなんかの評価が気になるところである。2001年宇宙の旅よりは分かりやすいが。恐らくこの映画の本質は映像美である、宇宙の美しさや理不尽さなどを綺麗に画いているというが、実際映像は綺麗である。しかしながら美麗な映像に対してヒューマンドラマとやらがあまりにも陳腐過ぎた、つまるところ映画じゃなくて美術作品だったらもっと…いや、それなら学術的資料を見てれば良い。学術目的で使用されるハッブル宇宙望遠鏡を直す映画自体の美術的評価が高いっていうのは少し面白いが。

何故ゼロを付けた[編集]

上記の通り、ゼロ・グラビティの原題はGravityで「重力」であり、ゼロ・グラビティの「無重力」とは正反対の言葉である。これは恐らく宇宙空間という無重力化で展開されるストーリーということでクソも中身を見てないようなどこぞのイエローモンキーが勝手につけた名前であると思われるが、ストーリーラストで地球に生還した主人公が地球の重力を感じて安堵する話なんだからグラビティなんだろうと映画を見ていれば誰でも感づくようなタイトルである。名前変えた奴は絶対に映画を観ずに変えたに違いない。宇宙空間の話でゼロ・グラビティ(無重力)だなんて何のひねりもないタイトルに誰がするというのか、阿呆だ。

ああ、主人公が地球に戻れるというネタバレをしてしまったが大丈夫、自称百科事典の畜生共はもっと酷い。

ネタバレサイト、ウィキペディア[編集]

Wikipedia
残念ながらウィキペディアの専門家気取り共は「あらすじ」という言葉の意味は理解できなかったようです。

ゼロ・グラビティのストーリーが細かく知りたければウィキペディアのあらすじを読むべきである。しかし、もし自分でこの映画を観ようと思っているのであればウィキペディアを覗くべきではない。『医療技師を務めるライアン・ストーン博士は、スペースミッションに初めて参加する。ライアンは指揮を務めるマット・コワルスキーとシャリフと共に、宇宙空間での船外活動を行うところから物語は始まる。』という文で始まり、ここまでがあらすじとしては十分だろう。だがしかし、ウィキペディアはどうやら『あらすじ』という言葉の意味が上手く理解できなかったようだ。そこからさらにストーリーの展開が書かれ、ストーリーの山場をしっかりと書き、最後は『ライアンは泳いで陸に到着、地球の重力を存分に感じながら立ち上がり、物語は終わる。』で終える。何があらすじだ全部ストーリー書いてんじゃねぇかこの野郎が。アンサイクロペディアは優しいのでこんな酷いネタバレはしない。そんな非人道的な他人の楽しみを奪う行為はしない。どう考えても映画の興行収入を妨害しているようなもんである。 とは言え、あの程度の文章量でストーリーを細部にわたってまで全て書き下ろせてしまうほど、ストーリー的には極めて内容の薄い映画であることも事実。

関連項目[編集]